ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

免疫力が意識される時代になりました。今日は、扁桃体です。いまだに生後1~2ヶ月齢で売りに出されてしまうわんこたちがいる・・。赤ちゃんから幼児の時期に母親と一緒にいることはとても大切です。脳には扁桃体という部分があります。図は、人間のものです。犬でも同じ組織
『免疫力と幼少期の触れ合いの関係』の画像

これはワンちゃんの骨。どこの部分でしょう? 先端部分は、こんな感じで、繊維性の軟骨がついています。根元には、軟部組織がしっかりと固定される付着部があります。骨の中には、水路のような溝があります。 背中側はキリリとした感じ そう、これはおちん〇んの中にある
『	 Os penis 不思議な骨』の画像

ザッカリー・タッカーくん。通称ザック。9歳の少年です。幼少の頃から普通の子供とは違う行動が多く不可解な行動も歳と共に増えていきました。ザックは、突然パニック状態になることもよくありました。パニックの時に誰かに干渉されるとさらに悪化するために落ち着かせること
『自閉症に苦しむ少年を救ったわんこと囚人』の画像

犬は人を幸せにする力がとても強いです。今日は「光の魂たち 動物編」 人の霊性進化を助ける動物たち きれいねっと刊からの抜粋です。 犬のポロちゃんは生後八か月齢の赤ちゃんヴィヴィアーナちゃんが大好き。いつもヴィヴィアーナちゃんにべったりです。 Facebook
『命がけで赤ちゃんを守りぬいた愛犬』の画像

私たちにとって「最も大切なもの」って何でしょう?社会は宝石だとか車だとか豪邸など豪華で贅沢な物が大切だという洗脳を人々にしてきました。・・・・このわんこ。John Hwangミニダックスです。18歳という高齢で突然家も飼い主もそして視力も失いました。大切なものはすべ
『目に見えない大切なもの』の画像

犬と猫の食を勉強するペットフーディストの講座。私も監修者として参加しています。ペットフーディスト養成講座では栄養学、ペットフード、手作り食、病気、薬膳など…犬と猫の食事に関するさまざまな知識を学び、食の専門家を育成することを目的としています。今回選定した
『ペットフーディスト講座』の画像

今日は、イラクに滞在していたある米国海兵隊員と一匹の野良犬の話です。 基本的に軍隊では、軍用犬以外の犬の同伴は認められていません。 でも、 現地で出会う野良犬たちと兵士との友情の話はたくさんあります。 戦地のような異常な精神状態におかれる環境下では、 犬は、
『分かち合いと求め合い:「海兵隊の規則を曲げた男」イラクの野犬ナブスの話』の画像

真夏で一番問題になるのは、熱中症。そして意外と軽視されているのは真夏の炎天下での散歩による肉球の火傷です。特に、アスファルトの道路は、驚くほど熱くなります。人は靴を履いているため、あまり感じませんが、裸足では熱過ぎて歩けなくなります。手を当ててみると、5秒
『	 夏の危険その2:厳重注意!真夏の道路』の画像

犬フィラリア Dirofilaria immitis今日は犬を飼っている人向けのフィラリアの話です。獣医師さんや動物看護師さんはフィラリアについて当たり前に知っていることですが一般の人はほとんどその生態を知らないと思います。今回の記事は獣医師さんには常識でも動物看護師さんは
『犬の寄生虫:フィラリアの生態』の画像

最近になって犬や猫向けのグレインフリー(穀物不使用)ペットフードの人気が出て需要が急増しています。米食品医薬品局(FDA)は、「グレインフリーのドッグフードと犬の拡張型心筋症の発症が関連している可能性がある」との調査結果を発表しました。fda.gov犬の拡張型心筋
『グレインフリーのドッグフードと犬の心臓病』の画像

このわんこ。John Hwangミニダックスです。18歳という高齢で突然家も飼い主もそして視力も失いました。大切なものはすべて失ってしまいました。そして保護施設へ送られました。施設のスタッフが近づくとぬくもりを求めてすぐに近寄り、抱っこされると必死になってしがみつい
『	 目に見えない大切なもの』の画像

ボーダーコリーボーダー・コリーは頭がよく、訓練性能がとても優れているために牧羊犬として欧米を中心に世界中の牧場で人気となりました。カナダのブリティッシュ・コロンビア大学心理学部の教授の研究では犬の知能ランキング世界一は断トツの成績でボーダーコリーでした。
『ボーダーコリーのセロイドリポフスチン沈着症(CL症)』の画像

↑このページのトップヘ