ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

パリスとポピーMIX種のわんこたちです。現在40日齢を過ぎたところ。毎日成長記録をインスタグラムにアップしています。instagram.com日に日に大きく可愛く成長しています。こちらがパリス ♀instagram.comこちらがポピー ♀instagram.comこちらは胴体がポピーで顔がパリス
『パリスとポピー』の画像

バルト。人々の命を救った米国の伝説的なイヌぞりチームのリーダー犬の名前です。en.wikipedia.org1924年の末、アラスカ北端のノーム市にジフテリアが発生しました。翌年1925年には、死者も発生。当時ジフテリアは、死に至る怖ろしい病気で、血清が必要でした。当時のノーム
『町の人々の命を救った犬たち』の画像

今年はいぬ年です。freedesignfile.com昔東京にとてもとても大きな犬小屋があったことを多くの人は知りません。そうです。徳川綱吉将軍の時代です。まず現在の世田谷区に大きな犬小屋が作られました。そこには、1年間だけの記録でも1万3878匹の犬たちが預けられました。そこ
『東京の広大な犬小屋』の画像

ベルカとストレルカこの二匹の犬たちは野良犬として保護されてから宇宙犬として抜擢されました。そして1960年に宇宙へと旅立ち2日に渡り宇宙に滞在した後で無事に生還した世界で初めての犬たちです。rebrn.com宇宙開発初期には宇宙空間への有人飛行の前実験として犬たちを使
『ベルカとストレルカ 宇宙犬』の画像

ボーダーコリー。以前このブログでもボーダーコリーの遺伝子疾患を取り上げました。(ひかたま:ボーダーコリーのTNS(捕捉好中球症候群))今回はボーダーコリー虚脱症候群Border Collie Collapse:BCCです。BCCは、運動中に突然休憩したり、ふらついたり、虚脱状態になるのが
『BCC:ボーダーコリーの虚脱症候群』の画像

ボーダーコリー。昔バイキングたちが北欧スカンジナビアからスコットランドに持ち込だ犬と、スコットランドの牧羊犬をかけ合わせることによって、現在のボーダー・コリーが作り出されたとされています。ボーダー・コリーは頭がよく、訓練性能がとても優れているために牧羊犬
『ボーダーコリーのTNS(捕捉好中球症候群)』の画像

スマイリー。 ひかたま:生まれつき盲目のセラピー犬「スマイリー」 先天性無眼球症で生まれたゴールデンリトリバーの「スマイリー」くん。 天国へと旅立ちました。 がんでした。 「これはスマイリーです。彼は、すべての人を笑顔に
『スマイリー天国へ』の画像

ヴォルコソブ。wolfriend.comヴォルコソブは、ロシア国境警備のために特別に交配されたオオカミと犬の交雑種です。体格や身体能力はオオカミのように大きく強く、それでいて犬の性質である従順さがあります。各国のケンネルクラブには登録されていません。繁殖されていますが
『ヴォルコソブ』の画像

よく道を歩いていると道路上に出てしまい苦しんでいるように見えるミミズさんたちがいます。特に雨上がりや炎天下の道路で悶えていることが多いようです。ミミズは、土地の中に埋もれて生活をするために呼吸器は無く皮膚全体で呼吸するシステムになっています。雨が多く降る
『ミミズたちの救世主』の画像

中国北西部の青海省などでは、超高級犬で超大型の野良犬が急増しています。それはチベタン・マスティフ。中国名は、「藏獒(ザン・アオ)」体重は70~100kgにもなります。大きなものは120kg以上になった犬もいます。日本で人気の大型犬ゴールデン・リトリバーなどは25~40kg
『超高級犬バブルの崩壊』の画像

モンゴリアン・バンホール.かつてモンゴルの遊牧民には欠かせない相棒としてモンゴリアン・バンホールがいました。立派なタテガミを持つ大きく優しく強い犬です。bankhar.org昔はモンゴルの牧羊犬といえばそのほとんどがモンゴリアン・バンホールだったという時代もあったよ
『モンゴリアン・バンホール』の画像

2017年9月に行われたミャオ族(モン族)のお祭りの風景です。ミャオ族(モン族)は中国の55の少数民族の一つ。theatlantic.comこのお祭りではわんこ様に人間の衣装を着てもらいお籠に入れて田んぼまで練り歩きます。ここではわんこたちは、大切にされています。theatlantic.c
『ミャオ族』の画像

↑このページのトップヘ