ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

ロシア南部のロストフ州で一匹の野良犬が車に轢かれてしまいました。轢かれた後で、路肩に放置された犬は、死を待つのみとなりました。そこにたまたま通りかかった二人の通行人によって救助され、動物病院に運ばれました。犬は、重症を負い、後肢が二本とも骨折していました
『会いたい!300km旅して恩人に会いに戻った犬』の画像

今月クリスマス前にデイリーミラー誌にこんな記事が掲載されました。「英国で最も孤独な犬、10,000回の訪問者にもかかわらず、里親が見つからず」mirror.co.uk このかわいいわんこ。ダルメシアン雑種のドッティちゃんです。7歳になります。毎日約5件の訪問者が来るにもかか
『英国で一番孤独な犬に里親が見つかる』の画像

以前当ブログで空港で働く癒し犬たちをご紹介しました。「 ロス空港の癒し犬たち」今回は、全米7つの空港で昨年から行われている癒し犬の御紹介です。こちらは、ユナイテッド航空が12月21-23日の期間限定で行っている癒し犬サービス「ユナイテッド・ポー・プログラム」です
『空港癒し犬2』の画像

院長の最愛のパートナーぴっぱちゃんが、先ほど、天国へ旅立ちました。あと一ヶ月ちょっとで19歳。体調管理は、ホメオパシーで行っていました。亡くなる2ヶ月前までは、とてもいい状態でした。犬も人も老衰から天国へ行く場合、胎児でいた期間とほぼ同じ期間を使って、生前に
『ぴっぱちゃん逝く:18歳10ヶ月』の画像

ブラジルの病院で入院中の末期がんの女性。 家には、愛犬を残したまま、入院しています。 癌の苦痛を取り除く緩和ケアをしているので、 在宅治療ができず、 入院しています。 入院中に何度も愛犬に面会したいことを医師に伝えましたが、衛生上の規定から、許可されること
『死ぬ前に愛犬に会いたい』の画像

中国に住むワン・ヤンさん。29歳。ある日、ヤンさんの愛犬がいなくなってしまいました。ヤンさんは、あらゆる所を探しました。そして、食肉用の屠殺場に行った時に、彼の人生は変わりました。そこにいたたくさんの犬たちを見て、「助けなければ」と思ったのです。この時の彼
『自分の犬を探して、2000匹の犬を助けた男』の画像

次々と発生する銃乱射事件。 パリは、大きな悲しみに包まれました。 銃乱射といえば、 米国。 米国では、 10月始めまでに今年だけで45件もの銃乱射事件が起きています。 そして、それは増加しています。 米国は銃社会でありながら、
『銃乱射事件の関係者たちを慰める犬たち』の画像

米テキサス州ダラス近郊。車にはねられ動かなくなった友の傍を離れない一匹の白い犬。この白い犬(グレートピレネーズ犬)は、この動かなくなった友を、じっと見守っていました。Samuel Flores/Facebookこの写真は、通りがかったサミュエル・フロアーズさんがFacebookに投稿
『見捨てない思い:事故死の友に寄り添う犬』の画像

ベラ・バートンちゃん。彼女は、先天性の疾患である「 ムコ多糖代謝異常症」に罹患しています。この病気は、進行性で、ほぼ全身の臓器や組織にさまざまな障害が発生します。症状の発現も重症度も、一人一人異なります。寿命は重症であれば、10歳から15歳くらい。軽症であれ
『犬と出会い歩けるようになった少女』の画像

サンディちゃんは、泳ぐのが大好き。この日は、ボートでイルカウォッチングです。そして、生まれて初めてイルカを見たサンディちゃん。「おっ、あれは何だ?」YoutubeYoutube動画はこちら。 動物も種を超えて、交流できる。人も人種を超えて種を超えて交流できる。すべてが
『生まれて初めてイルカを見た犬サンディちゃん』の画像

この写真、米国ロサンジェルスの動物収容施設での写真です。一人の少女が2匹の犬の前で泣き崩れています。JohnHwang/Facebook犬たちの名前は、マイヤとライカ。ジャーマンシェパードとビーグルの雑種犬。とてもかわいい犬たちです。この犬たちは、この少女の家族が飼っていた
『手放された犬』の画像

米国ニュージャージー州の元警察犬ジャッジ。9歳。 大勢の警察官の敬礼を受けながら、 病院内へと入っていきます。 buzzfeed.com ジャッジと共に歩むのは、相棒であるマイケル・フランクス巡査長です。 彼は、この時、 苦渋の決断をしなければなりませんでした。
『人生の目的:最敬礼の中で天国へ向かった犬』の画像

↑このページのトップヘ