ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

精神・魂

世界各国は戦争に備えて自国の軍を持っています。戦争を絶対にしない軍は読売巨人軍やたけし軍くらいなものでしょうか。世界には軍も自衛組織も持つことを放棄した国も存在します。コスタリカ共和国、通称コスタリカ。中央アメリカ南部に位置する「環境保護先進国」として有
『軍隊を持たない国:積極的平和国家のつくり方』の画像

京都に続いて6月16日に東京でもお話会&お茶会やります。私は動物たちの治療に専念するため今後お話会はほとんどやりませんのでご希望の方はぜひ来ていただければ嬉しいです。超進化論講座 第三期詳細はこちらからkilei.net/これは基本的に連続講座になっていて単回での参加
『6月に東京で講演会&お茶会やります』の画像

現在ブログが上手く更新できない状況にあり過去記事の再編を掲載します。セバスチャン・サルガド(Sebastiao Salgado) ブラジルの写真家です。 世界10ヵ国をこえる国々を取材し、 貧困、飢餓、過酷な生活、迫害、内戦など多くの人類と地球の問題を撮影し、多くの賞を受賞
『純粋理性の復活と地球の蘇生:セバスチャン・サルガド』の画像

アリューシャンの戦いkuriositas.com第二次世界大戦中一度だけ日本軍が米国アラスカ州の領土に侵攻し領土を占領したことがありました。アリューシャン列島にある2つの島、アッツ島とキスカ島です。kuriositas.com太平洋戦争と言えば日本よりも南方が日本軍の主な侵略地であ
『「善と悪」:忘れられた戦地と真の平和への道』の画像

今日はアダムとイブのお話。今回は、旧約聖書の アダムとイブの導入部分を読み解きます。 womenoffaith.com 旧約聖書も深い真理を暗号のように盛り込んで書かれています。 「君が代から神が代へ」からの抜粋です。 旧約聖書の中の 「アダムとイブ」からの一節
『旧約聖書を読み解く 1:アダムとイブの真の意味』の画像

国によって幸せに感じる人が多い国と幸せに感じる人が少ない国があります。 今までは 国民の幸せ度は、 その国の政治・経済状況や環境、疾病率など主に外的な要因で 決まると思われていました。 ブルガリアと香港の大学の共同研究で 人のDNAに幸せ遺伝子があることが 「
『幸せの遺伝子と心の在り方』の画像

今回の即位の礼でも脚光を浴びた三種の神器三種の神器は、日本神話において、天孫降臨の際に天照大神が瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)に授けたとされる三種類の宝物八咫鏡(やたのかがみ)八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)草薙剣(くさなぎのつるぎ)即位の礼の剣璽等承継の儀
『真の三種の神器について』の画像

治療の倫理と治療家の精神性 私の知り合いの男性(93)が老人介護施設に入居しています。今週、その施設内で食事中に突然誤嚥してしまい、誤嚥性肺炎となってしまいました。ちょうどその時に介護施設の入居者定期健診で病院から医師が往診に来ていました。若い30代の医師だった
『医師の倫理向上のために:治療家の精神性と霊性』の画像

ルワンダ虐殺1994年4月6日に発生したルワンダでの民族浄化のための大虐殺からもう25年が経ちました。大虐殺は1994年4月6日に発生したった100日の間に、フツ族の政府とフツ過激派、そして一般フツ族市民たちによって、ツチ族とフツ穏健派が虐殺されました。正確な犠牲者数は、
『自分自身の魂に語りかけること:ルワンダ大虐殺から25年』の画像

昨日のブログは「許すこと」についてでした。(ひかたま:真の許し:負の感情からの卒業)最近は世界的な傾向として本当の平和を心から望む人たちが増えてきました。平和を望むのであれば自分の身近なところからひとつづつ実行しつづけることが大切です。パレスチナ自治区ヨ
『平和への願い:催涙ガス弾に花を植える女性』の画像

「許し」すべての人が地上で学ばなければならない最も難しい課題の一つです。私たちは「許し」を学ぶために来たと言っても過言ではないほど大切なことです。その学びは本を読んでも、誰かに教えてもらっても、どんなにお金を積んでも、身に着けられるものではなく、一つ一つ
『真の許し:負の感情からの卒業』の画像

昨日のブログでは水に衝撃を与えることによってエネルギーが増幅されていくことを書きました。ひかたま:滝が増幅する生命エネルギー今日は一滴の水くんの童話から始めます。一滴の水くん。あるところに一滴の水くんがいました。その水くんは川を流れるうちにエネルギーが増
『池の水・川の水・滝の水』の画像

↑このページのトップヘ