ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

精神・魂

「シンデレラ」有名な童話です。最初の日本語名は「灰かぶり姫」とか「新貞羅」とか1900年に高等小学校の教科書用には「おしん物語」として掲載されました。シンデレラCinderellaは、英語cinder(灰、燃え殻)から作られた名前のようです。もともとの名前は「エラ」で「灰に
『シンデレラの靴:意図的な誤訳』の画像

結婚は幸せな選択か?この問題を研究したのは米国のジョージア州立大学の研究者たち。研究結果の結論としては年収6万ドル(約650万円)未満の人は、既婚者の方が未婚者よりも幸せを感じ、年収6万ドル以上の人は、未婚者の方が既婚者よりも幸せを感じているという研究結果にな
『第三の目と結婚感の変化:既婚と未婚の幸福度:年収により結婚の幸せ度が変わる』の画像

今日は節分節分は立春・立夏・立秋・立冬と1年に4回ある季節の節目の前日のこと。一般的には立春の前日の節分が最も知られています。これは立春が旧正月でありその前日の節分は「大みそか」に相当するからです。平安時代に大みそかに行われていた「追儺(ついな)」という中国
『節分と鬼:目には見えないエネルギー』の画像

フィリピンのボホール島にあるバクラヨン教会立ち寄りました。この大きく壮麗な教会はサンゴ礁と卵の白身で建てられました。正式な名称はLa Purisima Concepcion de la Virgen Maria Parish Church (The Immaculate Conception of the Virgin Mary Parish Church)フィリピン
『祈りの美しさ』の画像

アメリカ先住民には 強く優しく そして 精神性の高い人物がたくさんいます。 今日は 強く若い指導者メタカムの話です。 話は イングランドから白人が北米大陸へ上陸した時にさかのぼります。 白人の入植者たちは、慣れない現地の厳し
『現代教育と精神性:先住民族屈指の指導者メタカム』の画像

新年あけましておめでとうございます。 皆様には、 健やかに新春を迎えられたことと、お慶び申し上げます。 また、 日頃から温かいご支援ご協力を賜り、心からお礼申し上げます。 昨年はこのブログと書きおろしを加えた本「光の魂たち 動物編」「光の魂たち
『新年あけましておめでとうございます。』の画像

最近はネットの情報が豊富でどんなことでも知識欲を満たしてくれる時代になりました。でも、多くの人が、情報だけの頭でっかちになり、情報に左右されてしまうことに無頓着になっています。他人の情報を鵜呑みにしてしまい物事を判断する習慣は危険です。「冷暖自知」という
『冷暖自知:体験するということ』の画像

今年も静寂の中で一人静かなクリスマスイブからクリスマスの朝を迎えました。ヨガの師匠たちの前で祈りと瞑想私たちは普段から外側の世界だけに意識を向けるよう教育されます。でもその方法では真の富を得た人はいませんでした。物質的な富では心の奥底まで満足することは出
『目を閉じて見えるもの:クリスマスイブ2018年』の画像

日本独特の美意識に「わび 侘」と「さび 寂」があります。わびさびは名前は知っているけれども説明できない人は意外と多いのではないでしょうか。シンプルにまとめてみましょう。わびは侘しさ、さびは寂しさに由来する言葉です。本来、侘しさには「物質的に思い通りになら
『日本の心:「わび」と「さび」』の画像

声無きに聴き 形無きに視る儒学者がまとめた「礼経」に関する書物をまとめた総集編であり五経の一つとして尊重されている「礼記」(らいき)に収録されている有名な言葉です。親孝行のあるべき姿を説いた言葉。親孝行の心得として子は、親が口に出さないことでも理解し表面的
『声無きに聴き 形無きに視る:動物たちの声』の画像

クリスマス。 今年も流れ星のように 時が過ぎ まもなくクリスマスの時期になりました。 Wilkipedia クリスマス。 いまや企業にとっては すっかりお金儲けのための行事。 クリスマス商戦という言葉も定着しました。 クリスマスがあまり盛んではない日本でさえ 経済効果は7,
『 本当のクリスマス・本当の聖なる日』の画像

再掲です。カムイユカラ 「アイヌ神謡集」という本があります。 文字を持たなかった北海道のアイヌ民族に伝わる伝統的な神にささげる叙事詩を文字にして残した本です。 この本を作り上げたのは、 知里幸恵さん。 Wikipedia 北海道登別市出身のアイヌ人女性。 7歳のとき
『アイヌ文化の甦り:アイヌ神謡カムイユカラ』の画像

↑このページのトップヘ