ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

精神・魂

人は未知のものを怖がります。何かに襲われたなど緊急事態の時の生命維持のための恐怖は、恐怖というよりも防衛反応として正常な反応です。通常時には人はそのような防衛反応を超えて過剰に恐怖心を抱いたり、不安が増大する傾向があるようです。その不安のほとんどは未知な
『未知のものへの恐怖と明るい未来』の画像

タンクに入れた水をスピーカーの上に置いて 音を流す。 その波紋を LEDライトとコンピューターソフト、カメラを使って撮影、 画像にする。   これを 写真家のリンデン・グレッドヒル氏が行ってきたところ、 音によって さまざまな美しい波紋が視覚化出来ました。 Lin
『	 思考と音と水の美しい波紋』の画像

映像作家ルイ・シュワルツバーグ氏。 以前当ブログでも 「毎日を最高の日とするために」 でご紹介しました。 今回はまた映像の御紹介です。 「自然の世界に秘められた奇跡」  画像クリックで再生します。 https://www.ted.com/talks/louie_schwartzberg_hidden_mirac
『自然の世界に秘められた奇跡』の画像

今日は拙著「君が代から神が代へ」からの抜粋です。君が代から神が代へ 下巻 [単行本]森井 啓二きれい・ねっと2018-12-18セバスチャン・サルガド(Sebastiao Salgado) ブラジルの写真家です。 世界10ヵ国をこえる国々を取材し、 貧困、飢餓、過酷な生活、迫害、内戦など多
『純粋理性の復活と地球の蘇生:セバスチャン・サルガド』の画像

新刊「神理の扉 聖なる変容と霊性進化の道」光田秀先生&森井啓二著きれいねっと出版から予約開始しました。予約はこちらから本書は、エドガー・ケイシー研究の第一人者であり日本エドガーケイシーセンターの創始者である光田秀先生と私の対談を記録した書籍です。私の尊敬
『新刊「神理の扉」の予約開始:旧約聖書を読み解く 1:アダムとイブの真の意味』の画像

再掲です。「ローン・サバイバー」という映画がありました。 米国海軍精鋭特殊部隊シールズによる実話です。シールズ史上最大の悲劇といわれるアフガニスタンでのレッド・ウィング作戦に参加し、たった一人、奇跡的に生き延びて生還を果たした元隊員マーカス・ラトレルの手
『	 パシュトゥーンの掟 すべての人との繋がり』の画像

私たちにとって「最も大切なもの」って何でしょう?社会は宝石だとか車だとか豪邸など豪華で贅沢な物が大切だという洗脳を人々にしてきました。・・・・このわんこ。John Hwangミニダックスです。18歳という高齢で突然家も飼い主もそして視力も失いました。大切なものはすべ
『目に見えない大切なもの』の画像

相変わらず違法薬物が問題になっています。特に人に有害なのは自然界には無い化学的に合成した薬物。私たちの肉体は自然界の物質で出来ています。だから自然界に存在する物であれば、肉体の代謝プロセスは動きやすいのですが、化学的に合成された自然界には存在しない物質は
『薬物と瞑想の質の変化』の画像

キング・ポウハタン Powhatan(1547-1618年) 本名は、ワフンスナコック。 現在のバージニア州に定住していたポウハタン族の酋長です。 彼は この地に属する30以上の部族を平和にまとめた功労者として 尊敬されていました。 global.britannica.com キング・ポウハタン
『光へと向かう性質	 キング・ポウハタン』の画像

私たちは誰もがいつも現実を見ていると思っています。でも本当にそうでしょうか?ほとんどすべての人は自分の知識や経験、概念、偏見などのフィルターを通して外の世界を見ています。フィルターを通すことによってその存在のありのままではなく、いつも異なるイメージを付け
『イメージの世界とあるがままの現実』の画像

クアナ・パーカー。 wikipedia クァハディ・コマンチェ族最後の酋長です。 クアナ・パーカーは、 コマンチェ族インディアン酋長ペタ・ノコナと ヨーロッパ系アメリカ人女性シンシア・アン・パーカーとの間にもうけられた息子です。 クアナ・パーカーの母、シンシア・ア
『最後の酋長クアナ・パーカー』の画像

新年あけましておめでとうございます。 皆様には、 健やかに新春を迎えられたことと、お慶び申し上げます。 また、 日頃から温かいご支援ご協力を賜り、心からお礼申し上げます。 今年は2月に「ホメオパシー・マテリアメディカ」が発刊されます。前回の発売から15
『新年あけましておめでとうございます。』の画像

↑このページのトップヘ