ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

精神・魂

治療の倫理と治療家の精神性 私の知り合いの男性(93)が老人介護施設に入居しています。今週、その施設内で食事中に突然誤嚥してしまい、誤嚥性肺炎となってしまいました。ちょうどその時に介護施設の入居者定期健診で病院から医師が往診に来ていました。若い30代の医師だった
『医師の倫理向上のために:治療家の精神性と霊性』の画像

ルワンダ虐殺1994年4月6日に発生したルワンダでの民族浄化のための大虐殺からもう25年が経ちました。大虐殺は1994年4月6日に発生したった100日の間に、フツ族の政府とフツ過激派、そして一般フツ族市民たちによって、ツチ族とフツ穏健派が虐殺されました。正確な犠牲者数は、
『自分自身の魂に語りかけること:ルワンダ大虐殺から25年』の画像

昨日のブログは「許すこと」についてでした。(ひかたま:真の許し:負の感情からの卒業)最近は世界的な傾向として本当の平和を心から望む人たちが増えてきました。平和を望むのであれば自分の身近なところからひとつづつ実行しつづけることが大切です。パレスチナ自治区ヨ
『平和への願い:催涙ガス弾に花を植える女性』の画像

「許し」すべての人が地上で学ばなければならない最も難しい課題の一つです。私たちは「許し」を学ぶために来たと言っても過言ではないほど大切なことです。その学びは本を読んでも、誰かに教えてもらっても、どんなにお金を積んでも、身に着けられるものではなく、一つ一つ
『真の許し:負の感情からの卒業』の画像

昨日のブログでは水に衝撃を与えることによってエネルギーが増幅されていくことを書きました。ひかたま:滝が増幅する生命エネルギー今日は一滴の水くんの童話から始めます。一滴の水くん。あるところに一滴の水くんがいました。その水くんは川を流れるうちにエネルギーが増
『池の水・川の水・滝の水』の画像

滝行してきました。とても良い浄化になります。滝行は、はじめは思い切りが必要ですが、慣れると結構快適です。そして滝行の後はとても清々しくなります。滝をよく観察したオーストリアの科学者で、「水の魔術師」との異名を持つヴィクトル・シャウベルガー氏は、水が衝撃を
『滝が増幅する生命エネルギー』の画像

灰がくるくる巻く捲灰壽帯香(けんはいじゅたいこう)お香研究家の友人が開発して送ってくれました。一般的な線香は、灰はある程度の長さに燃えて傾くと崩れ落ちてしまいます。捲灰壽帯香は灰が崩れ落ちることなく、くるくると巻いていきます。最後までくるくると巻いていき
『香りを聞く:灰がくるくる巻く捲灰壽帯香』の画像

「シンデレラ」有名な童話です。最初の日本語名は「灰かぶり姫」とか「新貞羅」とか1900年に高等小学校の教科書用には「おしん物語」として掲載されました。シンデレラCinderellaは、英語cinder(灰、燃え殻)から作られた名前のようです。もともとの名前は「エラ」で「灰に
『シンデレラの靴:意図的な誤訳』の画像

結婚は幸せな選択か?この問題を研究したのは米国のジョージア州立大学の研究者たち。研究結果の結論としては年収6万ドル(約650万円)未満の人は、既婚者の方が未婚者よりも幸せを感じ、年収6万ドル以上の人は、未婚者の方が既婚者よりも幸せを感じているという研究結果にな
『第三の目と結婚感の変化:既婚と未婚の幸福度:年収により結婚の幸せ度が変わる』の画像

今日は節分節分は立春・立夏・立秋・立冬と1年に4回ある季節の節目の前日のこと。一般的には立春の前日の節分が最も知られています。これは立春が旧正月でありその前日の節分は「大みそか」に相当するからです。平安時代に大みそかに行われていた「追儺(ついな)」という中国
『節分と鬼:目には見えないエネルギー』の画像

フィリピンのボホール島にあるバクラヨン教会立ち寄りました。この大きく壮麗な教会はサンゴ礁と卵の白身で建てられました。正式な名称はLa Purisima Concepcion de la Virgen Maria Parish Church (The Immaculate Conception of the Virgin Mary Parish Church)フィリピン
『祈りの美しさ』の画像

アメリカ先住民には 強く優しく そして 精神性の高い人物がたくさんいます。 今日は 強く若い指導者メタカムの話です。 話は イングランドから白人が北米大陸へ上陸した時にさかのぼります。 白人の入植者たちは、慣れない現地の厳し
『現代教育と精神性:先住民族屈指の指導者メタカム』の画像

↑このページのトップヘ