ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

精神・魂

風(「君が代」ヒカルランド刊より抜粋)五大元素の一つ、風の元素は、神の息吹。すべてを動的に活性化する作用を持ちます。さまざまな流れを起こして、光、そして精神力やエネルギーの流れをコントロールします。すべてを一新し、新しい方向に変容する力を持ち、さらに新た
『五大元素:風の元素との交流』の画像

火(「君が代」 ヒカルランド刊より抜粋です。色をつけると理解しやすいので、文字に色づけしてみました。)君が代を解読するためには、神への理解が必要になります。でも、神を人格的存在と見なしてしまったり、神話を人格的存在の神々が織りなす古代の出来事として解釈し
『五大元素:火の元素との交流について』の画像

山に行くと、合目のある山があります。一合目から九合目、そして頂上。登っていくと、自分があとどのくらいで頂上につくのかが、なんとなくわかります。ペース配分や休憩の目安になるかもしれません。でも山の合目は結構あてずっぽう。例えば、富士山。富士山3776mでは、一般
『竹の節目と山の合目』の画像

昨日、忍耐について、書きました。今日は、その補足です。忍耐は、人が霊性を進化させる上で必要不可欠な資質。高次元の意識に到達するために、まず必要な資質は「忍耐」です。高次の領域では、忍耐力に欠けた人が達成できることは何もありません。忍耐力の欠如は、心の焦り
『忍耐』の画像

また中国で、57階建ての高層ビルがたったの19日で完成したそうです。1日に3階分を組み立てるという驚異のスピード。完成したビルには4000人収容のオフィススペースのほか、800戸の住宅などが設けられています。日本では、あり得ないスピードです。では日本は、中国
『中国のスピード工法と霊性の向上』の画像

来月8月に新しい本が出ることになりました。こちらはヒカルランドのウェブサイトヒカルランド 解説は、天才科学者の増川いづみ博士。増川先生は、栄養学、バイオ電子工学博士東京生まれ。ミシガン州立大学にて栄養学及び電子工学の博士号を、MITにて量子力学の修士号を取
『新刊出ます。』の画像

霊性を高めるために、すべての存在に対する慈悲の心を養うことを、以前何度かこのブログで書きました。もう一つ、とても大切なことは、自然の美しさに対する感受性を養うこと。人は魂が進化するにつれて、美に対する意識が強まります。美を味わうには、自然界に入っていくの
『自然界の美で感受性を養う』の画像

同窓会に出ると、相変わらず若々しい人、すっかり老けた人など、さまざまです。でも、皆さん同い年。これを科学的に証明した論文が発表されました。科学誌「PNAS」(Proceedings of the National Academy of Sciences)に発表された論文。「若い成人における生物学的年齢の数
『若返る人たちと先住民の智恵』の画像

最近お会いする人達に目立ってきた変化があります。「私は過去世で、クレオパトラの側近だったから・・」「私は過去世で、海で死んだから、海はいけない。」「私は過去世で、とても偉い神官で、すごい能力を持っていて・・・」「僕の過去世は、〇〇(歴史的偉人)。」「僕は
『過去世病』の画像

ラストダンス重症の動物が、亡くなる前に急に元気になることがあります。時には、立ち上がれないはずの犬がしっかりと立ち上がることもあります。 心も軽く明るくなったように見えますそれから、横になり、眠り、静かに息を引き取ります。また、とても苦しい病気になり、辛
『ラストダンス』の画像

このブログでは動物たち植物たちの話が多く出てきます。人が覚醒するためには、いくつかの心得るべきことがありますが、今日はその中の一つ動植物すべてに対する慈悲の心について。これはとても繊細な霊的感覚を育む上でとても大切な要素になります。 19世紀にヴァララーと
『覚醒のためのステップ:生き物への慈悲』の画像

人が食事の栄養素によって、健全な肉体を保っているように心にも、魂にも栄養は必要です。毎日の食事に気を使う人は多くても、心と魂の食事に気を使う人は少ないでしょう。 大自然には、心の栄養素がたっぷり含まれています。私たちの心の栄養には、新鮮な空気、太陽光はも
『魂の栄養』の画像

↑このページのトップヘ