ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

植物

先日に続いてまたミズバショウの群生地へ行ってきました。本当に美しい一面ずっとミズバショウが満開です。花序全体を包む純白の仏炎苞には、花序を包んでいた時の凹みが残っています。この白い仏炎苞は葉の変化したものであり、花後も伸びて長さ20~30cmになります。花は、
『ミズバショウ 2』の画像

雨の日には透明になる美しい花山荷葉(サンカヨウ)見に行ってきました。テレビのCMでは朝霧で透明になると言っていましたが・・・テレビのようにはなりません。雨に濡れつづけて1時間ほどして透明化してくるようです。花は1週間ほどで散ってしまいます。天気も良く朝露はあり
『雨の日は透明になる花』の画像

桜見てきました。まもなく7月ですが白馬や八ヶ岳ではまだ綺麗に咲いています。これはタカネザクラでしょうか。綺麗です。こちらもよろしくね@pipparokopia今日もありがとうございます。ブログランキング参加しています。よろしければクリックお願いします。人気ブログランキ
『桜』の画像

バオバブの木。世界でもアフリカとオーストラリアだけに原産地があります。原生種は、アフリカ大陸に1種マダガスカルに6種オーストラリアに1種です。wikipediaとても長寿で巨大な幹へと発達していきます。izismile.comアフリカでは悪い精霊が巨木を大地から引っこ抜いてさか
『バオバブの木の危機』の画像

今年もウルップソウが開花し始めています。高山の厳しい環境にある岩場で美しい花を咲かせる植物です。ウルップソウ(得撫草、学名 Lagotis glauca) オオバコ科に属する通り、作りがオオバコになんとなく似ています。この植物は、アリューシャン列島・カムチャッカ半島・千
『ウルップソウ開花中』の画像

ミズバショウ雨の日にミズバショウを見てきました。とても美しい群落。雪解けの清涼な水が流れる湿地帯に一斉に咲き乱れるさまは純白の衣をまとった精霊たちが集っているかのようです。ずっと向こうまで見渡す限りミズバショウが拡がっています。これだけ大きな群落をつくれ
『ミズバショウ』の画像

シロツメグサ。クローバーとも呼ばれます。花飾りや花冠を作って遊ぶ草です。 花は、白い小さな花が集まって球形の花序を形作ります。花は、一斉にではなく、下にある花から順番に咲いていきます。それによって花が開花している期間を長くしているのです。ハチがこの花に来
『シロツメグサ』の画像

夜桜見てきました。診察受付が7時まで夜桜のライトアップは9時まで。仕事場から夜桜までは約15分。これが間に合うようでなかなか間に合わないのです。毎年早く仕事が終わる日を狙って閉園ギリギリに滑り込みますが、今年も閉園1分前にかろうじて入ることが出来ました。桜を見
『夜桜と電照栽培』の画像

今年も病院の花桃が満開になりました。例年よりも10日ほど早く満開を迎えました。この暖かさで一気に開花この花桃は、花がとても美しいです。そして成長がとても早く樹高は、たった数年で一気に3階建ての建物を超えてしまいます。小さな苗を買ってきたのですがここまで早いと
『今年も花桃満開』の画像

植物ナノバイオニクスという分野があります。植物ナノバイオニクスは、さまざまな種類のナノ粒子を植物体に埋め込むことによって植物に新しい能力や特性を付け加える技術です。電子電気機器が行っている多くの機能を植物を電子機器代わりにすることが目的です。MIT化学工学研
『植物ナノバイオニクス』の画像

まもなく河津桜が満開の時期を迎えます。2月からいち早く桜のお花見ができるとして満開の時期にはすごい人手になります。特に静岡県河津町の河津川沿いに植えられている河津桜は見事なものです。この美しい光景は未来の世代にも持ち越してほしいものです。ところが1997年に改
『河津桜と河川法改正、足立区の五色桜の復活』の画像

以前果物の品種改良のお話をしました。ひかたま:魂の進化と品種改良:昔の果物日本の品種改良技術はすごいようです。これは皮まで食べられるバナナ。バナナといえばほとんどすべて海外産ですが、このは純国産バナナです。岡山県産の「もんげーバナナ」「もんげー」は「すご
『皮まで食べられるバナナ』の画像

↑このページのトップヘ