ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

植物

虎杖虎の杖と書いてイタドリと読みます。イタドリの名はケガした時の治療に葉を利用することから「痛みを取る」という薬効に由来するようです。イタドリPolygonum cuspidatumは、タデ科ソバカズラ属の多年草で、道ばたに生えている植物です。古くから春の柔らかい新芽は、タ
『虎杖:悪魔の植物  or救世主』の画像

チングルマ美しいチングルマについてはこちらもひかたま:チングルマ:可愛くて強い樹木ほとんどの人が草だと思っています。実はチングルマは樹木なのです。ほとんどの時期を雪の中で過ごすという過酷な環境で生きています。樹高はわずかに10cm~20cm。木の幹がマッチ棒ほどの
『チングルマの紅葉』の画像

コーヒー日本では何の危機感もなくごく普通に飲まれているコーヒーですが、現在コーヒー産業を取り巻く環境は日に日に厳しいものになっています。主な消費国である先進国ではコーヒー1杯の価格は上がり続けているにもかかわらず原料となるコーヒー豆の価格は暴落しているので
『コーヒー価格値上げの裏の原価暴落』の画像

現在世界のコーヒー豆の原種の60%が絶滅の危機に瀕していることが明らかとなっています。多数の野生種は、アフリカ大陸西部~中部からマダガスカル島と周辺諸島にかけて分布していますが、絶滅が危惧されている原種の中には、世界のコーヒー消費量の60%を占めるアラビカ種
『コーヒーの絶滅危機とリバースエンジニアリング』の画像

今の時期どこに行っても花が咲いています。そしてよく見ると蜂や蝶が熱心に花から花へと飛び回り蜜を吸いながら花粉を運んでいます。こちらは五竜岳に行く途中のヒオウギアヤメ。蜂が素早く一つ一つの花びらを丁寧に巡っていました。花は花粉を媒介してくれる虫が近づくとそ
『蜂の音と花びらの秘密』の画像

山には長雨で花びらが透明に変化する美しい花があります。「サンカヨウ:山荷葉」長野県までこの花を見に行ってきました。本州中部よりも北から北海道にかけての高山で、湿気のある灌木の間などに生育しています。フキのような大きな葉と小さな葉の2枚が開き、白い花は小さい
『開いてゆだねる美しさ:美しく透明な花』の画像

サボテン。現在地球上のサボテンの31%が絶滅の危機であることが判明しています。サボテンの絶滅の大きな要因は、人間の活動域の拡大。農業用地の開発や住宅地造成、商業開発、植林などの人の侵略が目立ちます。サブテンの生息地は、見た目が荒地のように見えることから、無慈
『人の霊性と植物の利用: ペヨーテの儀式と消えゆくサボテンたち』の画像

中国では果物の価格が一般的にとても安い。味はともかくとして、とにかく安いため、果物を気軽に大量購入することもできます。中国メディアの一点資迅は、「日本の果物店が中国人観光客に大きな衝撃を与えている」という記事を掲載しています。中国人観光客が日本の果物店に
『中国のリンゴ価格の高騰』の画像

戸隠の岩窟観音堂の千年杉戸隠の田頭地区に岩窟観音堂があります。奥の岩壁にある岩窟を奥殿としているため基礎工事も不可能な断崖に建造された観音堂です。このような崖に張り付くように作られた建築物を懸造(かけつくり)といいます。この観音堂の床下は、曲がった癖のあ
『戸隠の岩窟観音堂の千年杉』の画像

この花は何でしょう?淡いクリーム色の花びら。拡がる蔓。そう、これはキウイの花。なんとなく、キウイの断面とお花が似ていますよね。ちなみに私は、皮ごと丸ごと頂きます。私たちは、普段食べているものの本来の姿を知らないことが多くなりました。これはバナナの花バナナ
『「有り難いこと」感謝』の画像

エディブル・フラワーとはEdible(エディブル:食べられる)Flower(フラワー:花)食用花のことです。植物の花は食材として用いられています。これは昨日の私のごはん友人が育てた無農薬野菜とお花ときのこで作っていただいた食事です。お花を入れると彩が華やかになります。多
『食用花エディブルフラワーの効用』の画像

トウモロコシのヒゲ英語では「コーンシルク」(トウモロコシの絹糸)と呼ばれています。トウモロコシを買うとたいていは捨ててしまう部分です。このヒゲは「めしべ」です。おしべが放出した花粉が風に舞ってめしべの絹糸に付着して受粉すると、絹糸の中で花粉管が伸びていき
『捨てない食材:トウモロコシのヒゲの効能』の画像

↑このページのトップヘ