ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

植物

地球の気温が上昇中です。 連日暑くて クマさんも水辺で涼む機会が増えました。 今日は桜の木を守るクマさんたちの活躍のお話です。 世界各地の気温もあきらかに上昇中。 NASA 止める要因は今のところありません。 地球規模の気温の変化は、生態系に
『地球温暖化から桜を守るクマさんたち』の画像

新緑が美しい季節になりました。一雨ごとに緑が濃くなっていきます。朝の森の中はとても爽やかです。「春山青 春水碧」しゅんざんあおく、しゅんすいみどりなりという禅語があります。春の山々は青くそびえ立ち春の湧水は新緑の緑色に染まっている。一点の曇りなく清らかに
『「春山青春水碧」新緑の季節』の画像

山の至る所に美しい山ツツジが咲いていました。 とても鮮やかこの時期のピンク色の花はとても華やかに見えます。花びらは薄くて光に照らされると透き通ります。 新緑との相性もとてもいいです。ツツジは、とても丈夫で長生き。長生きの古木は、樹齢1000年くらいにもなるそ
『ツツジ満開』の画像

オオイヌノフグリ。春になるとあちこちで見られる綺麗な花です。 もともと日本の在来種である「イヌノフグリ」に似ていることから「オオイヌノフグリ」と名付けられました。英語ではBirdeye(鳥の瞳)と呼ばれています。イヌノフグリの名は、果実の形が犬の睾丸(ふぐり)に
『聖女ときんたま:オオイヌノフグリ』の画像

今日はサクラの若返りの話です。まずはこの桜の木をご覧ください。普通の桜の木と違うのがわかりますか? 木の幹に根が絡まっています。まるでタコノキみたいです。これは桜の木の性質を上手く利用した若返り法の一つです。桜も歳をとると樹勢が衰えて行きます。これを上手
『桜の若返り』の画像

桜もそろそろ終わりになってきました。誰もが美しい花に目がいくように植物は花で虫や鳥を魅了して花粉を運んでもらいます。花には美味しい蜜が準備されています。それに加えて桜の木は葉からも蜜が出るのです。葉の基部に丸いものが二つついています。拡大するとこのような
『「蜜腺」桜の蜜』の画像

つくし(土筆)つくしは、シダ類トクサ科の「スギナ」の胞子茎です。桜の開花時期の頃に土の中から顔を出してきます。冬の早い時期にこのような葉に包まれた形で出てくることもあります。つくしは、胞子茎ですから、胞子を放出します。 つくし本体は、葉緑素を持たないため
『つくし』の画像

菜の花が綺麗です。 菜の花畑は一面緑と黄色が映えて美しいですね。そして今の時期ダンコウバイも山の麓では満開。漢字では檀香梅と書きます。檀香はビャクダンの漢名で、芳香があるためにこの花木にもつけられています。こちらも黄色です。 とてもいい香りがします。 菜
『菜の花』の画像

お休みの日に日本一古い桜で有名な神代桜を見てきました。神代桜はエドヒガンザクラの老木です。推定年齢は、1800年とも2000年とも言われています。天候は雨だったので、満開にも関わらず人は少なかったです。今年は昨年よりも花付がよく樹勢がよりよい状態のようです。幹は
『神代桜』の画像

病院の花桃の木がほぼ満開になりました。白とピンクの花桃があります。病院を建てた時に植えたものです。たった数年で一気に大きく成長しました。とても綺麗です。ちょうどソメイヨシノよりもほんのちょっとだけ早く開花します。「一花開天下春」 (いっかひらいててんかは
『「一花開天下春」 花桃ほぼ満開』の画像

デスバレー国立公園。カリフォルニア州からネバダ州にまたがっている国立公園で、北米の国立公園の中で最も暑く、雨も少なく、最も乾燥した地域です。 この地域には、アメリカ先住民が古くから住んでいるのですが、ゴールドラッシュ時代に白人が迷い込んで脱出に苦労したこ
『スーパー開花した死の谷デスバレー』の画像

昨日は、在来種の野菜の話をしましたが、今日は、少し昔の果実の御紹介です。品種改良がいかに進んだかがわかります。スイカ食べるところが少ないです。 MailOnlineいまとはかなり違います。Wikipediaバナナ。種が立派。MailOnline人参。これはわかるような気がします。なん
『魂の進化と品種改良:昔の果物』の画像

↑このページのトップヘ