ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

植物

ポピーはケシ科ケシ属。ケシ属の中には、栽培が禁止されている種もあります。ソムニフェルム種セティゲルム種ブラクテアツム種です。麻薬であるアヘンが採取できるからです。日本では、この種のポピーは厳重に管理され、栽培されています。最近はイスラム国の資金源にもなっ
『美しいケシたち:ポピー 2』の画像

今年もポピーがとても綺麗です。 今年咲いたさまざまなポピーたちの写真撮りました。いつもは症例の病変写真を撮っているので、また新鮮です。まずは定番 アイスランドポピー 園芸品種No.1でしょうか。 今年も当院の玄関で次々と花を咲かせてくれました。
『「弄花香満衣」さまざまなポピー 1』の画像

シャクヤクの花が咲き始めました。   ボタン科ボタン属の多年草です。 ボタンは「花王」と呼ばれますが、 シャクヤクは「花の宰相」と呼ばれることがあります。 「立てばシャクヤク 座ればボタン 歩く姿はユリの花」 これは美しい女性を喩えた言葉ですが、 シャ
『神聖な植物「芍薬」』の画像

この花は何でしょう?淡いクリーム色の花びら。拡がる蔓。そう、これはキウイの花。なんとなく、キウイの断面とお花が似ていますよね。ちなみに私は、皮ごと丸ごと頂きます。私たちは、普段食べているものの本来の姿を知らないことが多くなりました。これはバナナの花バナナ
『「有り難いこと」食材の本当の姿』の画像

暖かくなって、花にさまざまな虫が訪れるようになりました。ハチが花を楽しんでいます。大きなハチでも、花に優しく乗っています。花から花へ飛び回ります。一匹のミツバチさんが、一生のうちで集められる蜜の量は、およそティースプーン一杯分です。ハチミツの有難さが身に
『優しい生き方:花を巡る虫たち』の画像

ヒマラヤの青いケシを見てきました。とても美しい、透き通るような青い花です。標高の高い地域に自生しています。ケシ目ケシ科メコノプシス属の花で、同属近縁種にブータンの国の花があります。 美しい花。 こういった美しい花を見ている時、花を見ながら、 自分の内側、自
『美しいヒマラヤの青いケシ』の画像

お散歩行ってきました。GWは、外来がお休みなので、少し休みを頂きました。スタッフたちは、お休み中でも朝から夜まで動物たちの世話で大忙しなのでちょっと気が引けますが・・。山に入ると、綺麗なヤマツツジが満開。あちこち陽光の中で美しいものばかり。こちらは、白い花
『芦花相対開:様々な白』の画像

イランイランの危機イランイランというとてもいい香りのする植物があります。アフリカ沖インド洋コモロ諸島は世界一位のイランイラン精油生産国。コモロ諸島全体で、コモロ連合という国を創り、1975年にフランスから独立しました。この国の輸出収入の一割をこのイランイラン
『渓澗拾流菜とイランイランの危機』の画像

病院の花桃が咲き終わり、新緑の季節になりました。花桃の新緑が爽やかです。 つい先日までは、こんな感じ。木全体が花に包まれていました。とても華やか。でも、あっという間に花は散りました。そして冬には、一気に葉も落ちてしまいます。 あれだけ華やかだ
『美しい新緑:花謝樹無影』の画像

今月の待合室の花は、ポピー花言葉は、「思いやり」「いたわり」「明るい優しさ」など。 拡大すると病院の玄関にもアイスランドポピーが植えてあり、次々と咲き始めています。これは蕾。最初はうなだれています。頭を下げている姿がとてもけなげです。だんだん蕾の頭が持ち
『ポピー:今月の待合室の花』の画像

ソメイヨシノが咲き終わってからも、まだまだたくさんの桜が開花します。 「御衣黄(ぎょいこう)」 鮮やかな緑色の八重桜の花です。 一面に満開の姿は見事です。緑色の花は、ゆっくりと黄緑色、そして黄色になり、やがて中心部に筋状に赤く変化します。気品の感じられる花で
『必見「桜」総集編』の画像

この花は、玄関のポットに2年前に植えた花です。いまだにずっと咲き続けています。 たぶん200円くらいで小さなポットに入った苗を買いました。他にも何年も前に買った花がずっと咲いたり、こぼれた種子から育ったりすることもよくあります。 花は、手入れによって、驚く程
『「緑の指」と花』の画像

↑このページのトップヘ