ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

生薬

ローズマリー。地中海沿岸地方原産のハーブで、シソ科に属する常緑性低木です。pixabayとてもいい香りがします。古代から薬用に用いられ、記憶力を高める効果があると言われてきました。そしてそのローズマリーの古くから言われてきた効用は現在科学的にも証明されはじめまし
『ローズマリーは記憶力を強化する』の画像

ワイルドレタスという植物があります。 普段私たちが食べているレタスの近縁種です。 ヨーロッパ南西部から中央部にかけて原産で 北米各地にも自生しています。 naturalblaze.com    Lactuca virosaは、草丈が2mにも生長します
『痛みを緩和するレタス系植物』の画像

タンポポは、花後に綿毛をつけた種子をつけます。この綿毛は、放射状に広がっていて、風に吹かれると、空にむけて種子を飛ばす役割があります。この綿毛は、とても軽く、微風でも種子を飛ばせます。綿毛は放射状にのびているため、安定した飛行が可能です。また、種子と綿毛
『タンポポの綿毛』の画像

昨年末に、 アフガニスタンの山岳地帯でカシミールジャコウジカが66年ぶりに目撃されました。牙がとてもかわいいです。雄雌ともに角はありません。 JulieLarsenMaher/WCS/MailOnline 1948年にデンマークの調査隊が目撃したのを最後に、絶滅したと思われて
『66年ぶりに姿を現したカシミールジャコウジカ』の画像

ウイキョウ(茴香)は、フェンネルとも言います。大型の多年草。とても繊細で、香り高い葉です。魚料理によく添えらたり、ハーブティーやお酒に使われています。化粧品にも使われています。種子もフェンネルシードとして、スパイスに使います。6~7月頃になると黄色の小さな
『ウイキョウ(茴香)』の画像

X線検査をすると、よく胃の中に石が見つかることがあります。たいてい、食いしん坊の犬たちです。常習犯が多いのです。これが石をたくさん食べたワンちゃんのお腹のX線写真です。 真ん中の強い白い部分が石です。色を塗ると、紫の部分が胃の中の石。 犬の場合、胃の中に石
『胃の中の石』の画像

スギナスギナは、栄養茎はスギナ、胞子茎はツクシです。スギナは生薬やサプリメントとしても利用されています。シダ植物の仲間で、葉と茎が明確に分化していません。 スギナは、地下に四方八方に根茎のネットワークを張り巡らせて採っても採っても、また生えてきます。根茎
『スギナ酒で美肌に?』の画像

昨日、牛さんのうんちが、 肥料の他にも、 自動車の燃料や、バニラアイスクリームなどに応用できる話をしました。 予想通り、こういうネタは、評判悪いです。でもこりもせず、 今日は、牛さんのおしっこで美しくなろう!という話です。 これも原料が枯渇する心配がありませ
『牛さんのおしっこ、アイスランド美容』の画像

2015年5月末に第一生命保険が、第28回サラリーマン川柳コンクールで、4万138作品の応募の中から、得票が多かった上位10作品が発表されました。 その一番目は、「皮下脂肪 資源にできれば ノーベル賞」うーん、みんな太り過ぎ?食べ過ぎ?でも、本当は皮下脂肪は大
『生薬としての脂肪 その1』の画像

シャクヤクの花が咲き始めました。   ボタン科ボタン属の多年草です。 ボタンは「花王」と呼ばれますが、 シャクヤクは「花の宰相」と呼ばれることがあります。 「立てばシャクヤク 座ればボタン 歩く姿はユリの花」 これは美しい女性を喩えた言葉ですが、 シャ
『神聖な植物「芍薬」』の画像

イランイランの危機イランイランというとてもいい香りのする植物があります。アフリカ沖インド洋コモロ諸島は世界一位のイランイラン精油生産国。コモロ諸島全体で、コモロ連合という国を創り、1975年にフランスから独立しました。この国の輸出収入の一割をこのイランイラン
『渓澗拾流菜とイランイランの危機』の画像

医学誌「New England Journal of Medicine」(電子版)に次のような論文が掲載されました。「クロストリジウム・ ディフィシル菌による再発性下痢症患者への健康な人の便の十二指腸注入について」つまり、健康な人のうんこの移植です。New England Journal of Medicineクロ
『うんこの移植と様々な美しいうんこの生薬』の画像

↑このページのトップヘ