ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

動物愛護

米国イエローストーン国立公園でまたも美しく、貴重なホワイトウルフが銃で撃たれて重傷を負い残念ながらそのまま安楽死となりました。この公園内での狩猟はもちろん違法です。huffingtonpost.com米国では、貴重なオオカミたちの射殺が続いています。今日もありがとうござい
『美しいホワイトウルフ射殺』の画像

ガジラージ。63歳のインドゾウです。インドの寺院に50年間鎖ですべての脚を固定されたまま現在死に向かっています。.thesun.co.uk 牙も切り取られてしまいました。.thesun.co.uk四方から鎖でつながれて、自由は全くありません。何度も何度も自由になろうと試みて精神的にも
『50年間鎖で繋がれたままのガジラージを助けて』の画像

台湾で2017年4月12日、動物愛護法を強化する改正法案が議会で可決されました。shanghaiist.comいままでも犬や猫の食肉処理や販売を対象とする法律はありましたが今回の法改正後には、犬や猫の肉を食べる行為も違法とされます。hongkongfp.comさらに動物に意図的に暴力的行為
『台湾でついに犬と猫の食用を禁止』の画像

メンフィス動物園で今月カバの赤ちゃんが生まれました。かわいい。とてもかわいい。zooborns.comおかあさんのビンティは19歳。デンバー動物園で生まれディズニー・アニマルキングダムにいて2013年にメンフィス動物園にやってきました。この赤ちゃんは二頭目の子供になります
『カバの赤ちゃん「聖朝無棄物」』の画像

今年2月イラク・モスル東部の廃墟となったムムターズ・ヌール動物園で雄のライオンのシンバと雌のクマのルーラが生き残っているところを獣医師のアミル・カリル先生が発見。二頭とも汚れ、衰弱しきっていました。カリル先生が主催する動物保護組織「フォー・ポーズ(Four Paw
『シンバとルーラ』の画像

米国在住のコーレイ・ハンコックさんが、米国オレゴン州にあるサンティアム川周辺を歩いていた時、一匹の瀕死の赤ちゃんクマを発見しました。どう見ても瀕死です。 facebook.com全身雨に濡れたまま、横たわり、低体温になっているようにも見えます。口の粘膜は青白く、目は
『違法でも赤ちゃんグマを助けた男性』の画像

サイ。地球上から絶滅しつつある貴重な動物です。人は、自分たちの欲望だけのためにサイを殺し続けています。このままでは絶滅することも知りながら・・。今では動物園のサイも襲われて角を切られ、野生では赤ちゃんの小さな角までも殺す対象となりました。密猟者に殺された
『南アフリカでサイの角の取引が合法化』の画像

オオワシ。日本では天然記念物、国内希少野生動植物種に指定されています。翼を広げると240cmにもなります。日本では主に北海道に飛来します。Wikipediaオジロワシ。国の天然記念物、国内希少野生動植物種に指定されています。Wikipediaどちらも環境破壊によって巣を作る場所
『鉛中毒と貴重なワシからのメッセージ』の画像

フォアグラ。esdaw.euガチョウやアヒルなどの鳥の喉に30cm~40cmの漏斗状の器具を無理やり挿入し、トウモロコシと油の混合されたエサを強制的に胃の奥に押しこむ方法、これを一日3~4回、2~3週間継続して行います。すると鳥の肝臓は、通常の10倍に膨れ上がって、病的な
『結婚式でフォアグラ・・』の画像

この仔ゾウ。重度の栄養失調です。Facebookレックさんは、ミャンマーにゾウの孤児院があると聞き、訪問してみました。彼女は、タイでゾウの保護施設を運営しています。ミャンマーは、絶滅に瀕しているアジアゾウが、最も高い密度ですむ国です。ミャンマーのゾウの孤児院には3
『ミャンマーのゾウの孤児院』の画像

オランウータンのアミーちゃん。推定7歳。 facebook.com赤ちゃんの時に人間に捕獲され、小さな暗い木箱の中で鎖につながれたまま少なくとも7年間生きてきました。救出チームが駆けつけた時には人生をあきらめてしまったかのような感じでした。facebook.com狭い木箱の中では
『アミー:「天地一指万物一馬」』の画像

今年もカナダのアザラシ猟が始まりました。例年よりも少し早く始まりました。pinterest.comカナダの東海岸沖では猟師たちがアザラシの赤ちゃんを殺すために奔走します。狩猟解禁と共に数百から数千隻の船が一斉に狩猟に乗り出します。そしてできるだけ早く多くの赤ちゃんアザ
『いまだに行われている狩猟:アザラシの赤ちゃん』の画像

↑このページのトップヘ