ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

動物愛護

カリフォルニアの山火事今回の山火事は州史上最悪の山火事となりました。そこには報道されることのない数多くの動物たちも犠牲になっています。これは山火事の現場につながれたまま放置されたロバ。.theatlantic.com激しい炎と火の粉の中に動物の遺体のようなものが見えます
『カリフォルニアの山火事に巻き込まれた動物たち』の画像

このサイの赤ちゃん救出されたときに「デイビット」と名付けられました。thepetitionsite.com平和に暮らしていたデイビットの家族全員はある日突然密猟者によって虐殺されました。この惨劇から生き延びたのは角の生えていない赤ちゃんのデイビットだけ。惨殺されたお母さんの
『サイの虐殺を助ける署名:サイの孤児デイビット』の画像

ベルーガ(シロイルカ、シロクジラ)オルカ(シャチ)どちらもとても美しい生き物です。特にオルカは世界各地で絶滅に瀕している状態。取引は厳しく制限されています。ロシアには、これらの美しい動物たちを捕獲して狭い生け簀に閉じ込めて売りさばく組織が存在していること
『ロシアで発覚したクジラの刑務所』の画像

ボトックス注射ボトックスは、ボツリヌス菌から作られるA型ボツリヌス毒素です。ボツリヌス毒素は、神経伝達物質アセチルコリンの伝わり方を弱める働きがあり筋肉が緊張している部分にボツリヌス毒素が作用すると筋肉は弛緩します。その作用を応用して医療では顔面の痙攣や眼
『ボトックス注射によって殺される命たち』の画像

兵庫県のクマ「駆除」について何度か書いてきました。日本人はクマに対して厳しいと思います。九州ではすでに絶滅。四国でも絶滅寸前。いまになってあわてて保護を始めています。そして今度は兵庫で大々的に「駆除」そこで猪熊幻狼さんからのコメントを頂いたので、ここでシ
『兵庫県のクマ狩猟についての続報:コメントから』の画像

コガシラネズミイルカ現在海洋動物の中で絶滅にもっとも近いイルカです。vaquitacpr.orgこのブログで何度も書いてきました。ひかたま:最後の60頭:トトアバの密猟に巻き込まれ絶滅寸前のコガシラネズミイルカひかたま:海軍所属のイルカがネズミイルカの保護に参入ひかたま
『存続への希望:絶滅秒読みのコガシラネズミイルカ』の画像

顔認識システムという技術があります。デジタル画像を元に人を自動的に識別する技術です。現在では監視カメラと連動してセキュリティやSNS、犯罪捜査などに使われています。SNSで、集合写真などをアップすると誰とどこで一緒にいたのかが自動表示されてしまうなど顔認識シス
『動物たちの顔認識システム』の画像

釣りでは、キャッチ&リリースという行為があります。釣りで釣った魚を生かしたまま、捕獲した水域・地点に再び放流する行為です。基本的には釣った魚に対して無益な殺生をしないことや生物資源を保護するという観点から行う行為のようです。でも人間が一方的に楽しむ代わり
『釣りのキャッチ&リリースの影響』の画像

以前このブログでも兵庫県のクマたちを助ける記事を書きました。ひかたま:兵庫県でクマ猟開始現在兵庫県ではクマの射殺が20年ぶりに解禁されています。さらに今年からは狩猟数増加を目的として、クマ狩猟上限数を撤廃してしまうことになりました。こちらは、クマを救うため
『兵庫県のクマを守る署名』の画像

以前このブログでキリンのしっぽを取るために次々とキリンを殺してしまう現状について書きました。コンゴ民主共和国では、キリンのしっぽの先端だけが欲しくて、キリンを殺してしまうのです。キリンのしっぽで幸運のブレスレットを作ります。たったそれだけのために、貴重な
『人の欲望のために切り取られるゾウのしっぽ』の画像

ベトナムの首都ハノイで、ハノイ市当局は今後、市民に犬や猫を食用にしないように周知していく旨の通知を出しました。independent.co.ukベトナムでは昔は「旧暦の月末に男性が犬肉を食べると厄払いになる」という言い伝えがありました。そのため毎月犬肉料理が広く食べられて
『ベトナムの首都ハノイで犬肉自粛要請』の画像

スウェーデンではヒグマは森を守っている貴重な動物。でも絶滅に近い個体数になっています。thepetitionsite.comスウェーデン政府は284頭ものヒグマたちを殺害することを許可してしまいました。このヒグマたちは人になんら危害を加えたわけではありません。なぜ平和に暮らす
『スウェーデンのヒグマたちを助けて!』の画像

↑このページのトップヘ