ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

動物愛護

オランウータンがまた殺される・・。しかも発見されたばかりの新種のオランウータン。インドネシアの裁判所が、スマトラ島のオランウータンの生息地に水力発電ダムの建設計画を承認してしまいました。インドネシアの環境保護団体インドネシア環境フォーラム(WALHI)が北スマ
『貴重なオランウータンがダム建設で絶滅の危機』の画像

ナマケモノ。動きがとても遅くて、基礎代謝量が非常に低く、一日にたった8gの植物で生きていけます。これは天敵である大型の鳥からみを守るための生き残り戦略です。鳥は眼が良いため動く標的は小さくても見えます。動かなければ見逃してしまいます。こちらはナマケモノ保護
『ナマケモノ保護施設の天国と地獄』の画像

シロテテナガザル(白手手長猿)東南アジアの熱帯雨林に生息していて、地上に降りることはほとんどなく、樹上で生活するお猿さんです。同じ生息地にはヒョウやウンピョウ、ゴールデンキャットなどの肉食動物がいるからです。木の枝から枝へと渡っていきます。この動作はブラ
『可愛いシロテテナガザルの赤ちゃん』の画像

ボノボという動物をご存知でしょうか? 霊長目ヒト科チンパンジー属のお猿さんです。チンパンジーよりも小さいために、昔はピグミーチンパンジーと呼ばれていました。チンパンジーよりも直立二足歩行します。コンゴ共和国にしかいない霊長類です。とても高い知能を持ち、チ
『虚弱な身体と強い心、そして勇気:「ロメラ」の物語』の画像

奄美大島に住むハブを殺すために無理やり導入され、そして次々と見つけ次第殺されていくマングースたち。野に放たれただけでなく、容れ物の中にハブと共に入れられて命をかけた殺し合いもさせられていました。野に放たれた30匹のマングースたちは奄美大島の自然の中で順調に
『奄美大島のマングース根絶が間近』の画像

ジュゴン体長3m 体重450kgにもなる大型の海洋哺乳類です。日本にも生息しています。文化庁:国の天然記念物日本哺乳類学会のレッドリスト:絶滅危惧種水産庁のレッドデータブック:絶滅危惧種・要保護野生水産動植物環境省:国際希少野生動植物種Wikipedia/Julien Willem 次
『日本でもうほとんど生き残っていないジュゴン』の画像

自動運転という新しい技術があります。簡単に言うと運転者の代わりに安全に運転してくれる運転補助技術。人間の状況把握能力と制御反応を上回るコンピューター機能によって交通事故の減少を期待できる次世代のシステムです。自動運転レベルには0から5まであり、レベル3以上
『自動運転にたちはだかるカンガルーの壁:オーストラリア』の画像

世界各国から研究者たちが集まる「食料と惑星、健康に関するEATランセット委員会」(EAT-Lancet Commission on Food, Planet, Health)がFOOD・PLANET・HEALTH(食事・地球・健康)という提言報告書を発表しています。ダウンロードはこちらからeatforum.org現在、この地球では
『地球を救う最も簡単な方法の一つ:脱牛肉』の画像

英国が欧州連合(EU)脱退が混迷化しています。2016年6月23日国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が決定2017年3月29日、英国首相テリーザ・メイはEUから正式に離脱するために欧州連合基本条約(TEU)第50条を発動しました。英国側の全権大使はEU大統領ドナルド・トゥスクへ向
『英国のEU脱退問題によるペンギンたちの苦難』の画像

ハワイマイマイのジョージ。ジョージは地球上で最後の一匹だったハワイマイマイの一種Achatinella apexfulvaです。ついに亡くなってしまいました。ハワイ固有のカタツムリでした。これによってAchatinella apexfulvaは絶滅。hawaiinewsnow.comジョージは、ハワイ大学の飼育繁
『ハワイ固有のカタツムリ絶滅しました。』の画像

ジンベイザメと泳いできました。とても美しい生き物です。ジンベエザメは、地球上に現存しているすべての魚類の中で最大の大きさです。大きなものでは体長20mを超えるそうです。最新の研究結果では寿命は130年ほどと推測されています。世界中の熱帯・亜熱帯・温帯の表層海域
『ジンベイザメの未来』の画像

スコティッシュワイルドキャット(Felis silvestris grampia)絶滅寸前の貴重なネコ科の動物です。普通の猫の2倍ほどの大きさです。thepetitionsite.comスコティッシュ・ワイルドキャットは大型の猫で昔から地元では尊い生き物として大切にされてきました。近年ではその姿を見
『絶滅に瀕するスコティッシュワイルドキャットを救う署名』の画像

↑このページのトップヘ