ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

動物愛護

サイの密猟15年1~4月史上最悪今週、南アフリカ共和国のモレワ環境相は、今年に入って4月末までに南アフリカ国内で密猟されたサイが393頭に上り、そのうち290頭は、野生保護区「クルーガー国立公園」内で密猟されたことを発表しました。これで今年は史上最悪の記録的な殺戮数
『史上最悪のサイの密猟に対抗する試み』の画像

このお猿さんの笑顔を見てください。本当に幸せそう。AnimalDefendersInternationalこの子は、クモザルのぺぺちゃん。かつてサーカスで8年間もの間鎖で繋がれたままで自由を奪われてきました。抵抗できないように、犬歯はすべて折られ、他の仲間と一緒にされず隔離されてずっ
『笑顔と自由』の画像

米国シアトルに住む8歳のガビィちゃんとカラスのお話しです。彼女とカラスの友情は2011年に4歳の時、食べ物を地面に落としたことから始まります。その後学校に行くようになると、彼女はランチをカラスに分け与えるようになりました。するといつの頃からか、カラスたちはガビ
『カラスの恩返し』の画像

悲しい現実の中で宇宙の叡智を信じること美しい生き物、サイ。獣医師のウイリアム・フォールズさんのフェイスブック上にとてもつらい写真が掲載されました。Facebook/William Fowlds角の採取のために惨殺された母サイ。殺された後で、角を切り取られています。そして、それに
『悲しい現実の中で宇宙の叡智を信じる』の画像

先日ネパールでの被災した動物たちの救助について書きました。昨日は、助けてもらった命で他の命を救う活動を始めた特殊部隊隊員の話を書きました。今日は、ネパール地震で、助けてもらった命で、命を救う活動をする犬のお話です。今回日本から派遣されたネパールの救助隊の
『命を繋ぐ:災害救助犬と戦地英雄犬』の画像

ゾウの素晴らしい写真を撮るPeter Delaneyさん。ゾウの家族が楽しそうにしています。Peter Delaneyゾウにとって家族はとても重要です。基本的に一番年上のメスのゾウがリーダーとする母系家族です。Peter Delaney子育ては、母ゾウを中心に、群れ全体で行います。その中で子ゾ
『ゾウに学ぶ家族と愛の在り方』の画像

ネパールの大地震では多くの人と多くの動物が犠牲になりました。現時点では7000人以上の方々が犠牲になり、未だ数千人が安否不明とされています。あまり報道されませんが、動物たちの犠牲もとても多くありました。ネパールは、農業国であり、動物たちが生活に欠かせない大切
『ネパール大地震の動物たち』の画像

90歳のカメさんが、冬眠中にお腹を空かせたネズミに両手を食べられてしまいました。カメさんの名前は、ミセスT(ティー)。ミセスTは冬眠から覚めたら、両手がないのでびっくりしたでしょう。飼い主は、機械工学専門の息子に連絡しました。そして息子は、特注の車輪を一生
『魂を磨く義足と「洗手」』の画像

主に戦争で使われてきた無人偵察機(ドローン)。今週は、低レベルの放射性セシウム(福島の土)容器を搭載したドローンが首相官邸に墜ちた報道がありました。ドローンは、今では さまざまな分野で使われ始めました。遠隔地の医薬品配達や都会での宅配やレストランでの食事提
『無人偵察機による密猟ゼロ作戦』の画像

昨日はボノボの「ロメラ」のお話でした。  Venessa Woods /TheDoDo 詳しくは前回のブログを参照してください。 ロメラは、母親を殺され、重度の栄養失調の状態で保護されました。心に大きな傷を抱え、保護施設に来たロメラは、他の仲間たちの愛情でゆっくりと立ち直
『ロメラとセイヨウオキナグサ』の画像

ボノボという動物をご存知でしょうか? 霊長目ヒト科チンパンジー属のお猿さんです。チンパンジーよりも小さいために、昔はピグミーチンパンジーと呼ばれていました。チンパンジーよりも直立二足歩行します。コンゴ共和国にしかいない霊長類です。とても高い知能を持ち、チ
『虚弱な身体と強い心:「ロメラ」の物語』の画像

このサイは、24時間年中無休で完全警護されています。キタシロサイのオスです。OL PEJETA CONSERVANCY武装した警護官たちに囲まれて、暮らしています。大国の大統領並みです。LOL Newsこのサイの名は、スーダン。この地球上に最後のオスのキタシロサイになりました。OL PEJE
『地上最後のオス』の画像

↑このページのトップヘ