ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

がん

プントゥン。マレーシアにいる最後の3頭のスマトラサイのうちの1頭です。スマトラサイは、世界中にもう100頭も生き残っていません。プントゥンは今週安楽死となりました。南アフリカ共和国の環境ジャーナリストであるウェルツ氏はプントゥンの顔が腫れ上がり危険な状態である
『ツイッターで救ったサイが安楽死へ』の画像

病気と食べ物の関係はいろいろと調べられています。一般的には、野菜や果物などの植物系は健康に良いものが多く肉や加工食品は病気になりやすいものが多い傾向があります。pixabay乳がんと食べ物の関係もいろいろ調べられています。乳がんのための食事ウェブサイトもあります
『乳がんと食べ物の関係:イチゴ、焼き肉』の画像

現在音でがんを治療する新しい治療法があります。高密度焦点式超音波治療法High Intensity Focused Ultrasoundという超音波の音を利用して、深部にあるがん細胞を死滅させる治療法です。頭文字をとって「HIFU(ハイフ)」とも呼ばれています。超音波をターゲットとなる組織だ
『音でがんを治療』の画像

最近日本ではがんになる人が増えています。 これは 欧米でがんになる人が減っているのとは対照的です。 特に、 前立腺がんは日本人男性でもっとも罹患者数の多いがんになっています。 hitachi-medical.or.jp 国立がん研究センターの推計では、 患者数が急激に増えてい
『急増する?前立腺がんと過剰な治療』の画像

Naturalblaze.comさんからの転載です。大麻ががんに効くという100の医学論文リスト Here Are 100 Scientific Studies Proving Cannabis Cures Cancernaturalblaze.com  大麻が腫瘍細胞を殺すhttp://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1576089http://www.ncbi.nlm.nih.
『大麻ががんに効くという100の医学論文リスト』の画像

最近省エネ対策としてLEDが普及するようになってきました。LEDは、身体にどのくらい悪影響なのでしょうか?米国医師会は、LEDから放出されるブルーライトが健康被害を及ぼす可能性があるという立場をとっています。WashingtonPostえっ、LEDの光は基本、白じゃないの?はい、L
『LEDと視力障害、がん、心臓疾患のリスクと関連性』の画像

以前進行胃がんの最先端治療の一つである分子標的薬が全く効果が無いにもかかわらず行われている話を書きました。(ひかたま:進行性胃がんに分子標的薬の効果は無い?)今回は権威ある医学誌The Lancet Oncology から衝撃的な論文が発表されました。「英国での肺がんと乳が
『抗がん剤が殺すのは、がん細胞だけではなくがん患者』の画像

分子標的薬。 分子標的薬は、がん治療で最近使われ始めた薬です。 がん細胞の表面にあるたんぱく質や遺伝子を効率よく攻撃するために開発されました。 roche.com 通常の抗がん剤は、がん細胞と正常細胞の区別なく 無差別に攻撃します。 そのため副作用が大きくなります
『進行性胃がんに分子標的薬の効果は無い?』の画像

田舎の子供たち。のびのびした環境で健やかに育つ。とても理想的です。こんな理想的な環境でも大きな問題があります。子供たちに大きな影響を与えている農薬です。海外ではよく報道されていますが、日本ではあまりこういった報道はなくむしろ農協や企業が農薬を推奨していま
『田舎の子供たちの小児がん』の画像

ブラジルで大麻が正式に医薬品として認可されました。これがその製品です。RSHO™Medical Marijuana, Inc RSHO™は、Real Scientific Hemp Oil(本物の科学的大麻油)から命名されています。Medical Marijuana, Inc.社の製品。Facebookブラジルでは大麻製剤はがんの他にもて
『ブラジルで大麻の医療使用が承認』の画像

大麻。現在、大麻を所持したとして大麻取締法違反の罪で逮捕・起訴された末期がん患者の男性の東京地裁での公判が注目を集めています。大麻取締法は、大麻の栽培や所持、医療目的の使用や研究などを基本的に大麻に関することすべてを禁止しています。この被告の男性は、昨年2
『何人が大麻の過剰使用で死亡したか』の画像

米国で人工芝のグラウンドで試合をした若い女子選手たちが次々とがんを発症した件は、いまや他の国にも波紋を広げています。MailOnlineまず、人工芝でサッカーをしていたワシントン大学の学生たちが立て続けに「がん」になりました。人工芝のグラウンド。そして、それはその
『人工芝の発癌リスクとがんになったサッカー選手たち』の画像

↑このページのトップヘ