ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

オオカミ

米国イエローストーン国立公園でまたも美しく、貴重なホワイトウルフが銃で撃たれて重傷を負い残念ながらそのまま安楽死となりました。この公園内での狩猟はもちろん違法です。huffingtonpost.com米国では、貴重なオオカミたちの射殺が続いています。今日もありがとうござい
『美しいホワイトウルフ射殺』の画像

pixabayスロベニア共和国。中央ヨーロッパに位置する国です。この国にはまだ森の守り神オオカミがわずかに生き残っています。50頭はいませんが、かろうじて種の存続を保てる状態です。ところがスロベニア政府は、10頭のオオカミの射殺許可を出す予定です。これは意味のないど
『スロベニアのオオカミたちを助けて』の画像

ニホンオオカミかつて日本には本州・四国・九州にせいそくしていたニホンオオカミと北海道に生息していたエゾオオカミがいました。今ではすべて絶滅したと考えられています。オオカミがいなくなった後生態系は大きくバランスを崩してしまいました。ニホンオオカミが絶滅し、
『オオカミの復活へ』の画像

米国ワシントン州には絶滅が危惧される貴重な動物ハイイロオオカミが生息しています。Wikipedia昔は大量にいて、生態系のバランスにとても重要な役割を果たしてきた動物ですが、北米では無差別と言ってもいいほど射殺され、米国本土48州では、1930年代にはほとんど絶滅しかけ
『米国ワシントン州で貴重なオオカミ駆除計画』の画像

私たちの日常生活の中で食べるもの使うものすべてが野生動物の命に直結しています。さまざまな製品に含まれるパーム油ではオランウータンをはじめ貴重な生物たちが殺され(ひかたま:パーム油がアマゾンに拡大中)ココナッツオイルのブームでは赤ちゃん猿を奴隷化するために
『絶滅ラベル』の画像

まずは、当ブログ「最後の一頭 ゾウとクジラの絆」からの抜粋です。米国アイオワ州で89年ぶりにハイイロオオカミが発見されました。 が、 射殺。 最後の一頭だった可能性があります。 The Guardian 米国ノースカロライナ州では、世界にたったの100頭しか生存していない貴
『「間違えて」殺される貴重なオオカミたち』の画像

米国カリフォルニア州で、野生のハイイロオオカミの家族の姿が監視カメラに捕えられました。1924年以来、およそ100年近くぶりのことになります。1頭の親と5頭の仔オオカミです。California Department of Fish and Wildlife画像から見る限り、健康状態は問題ないようです。C
『加州で100年近くぶりに目撃されたオオカミとオオカミの再導入』の画像

現在ノルウェイではオオカミの数が激減中です。Gunner Ries Amphibol / Wikimedia Commons (CC BY-SA 3.0)ノルウェイでは、オオカミは、法的に守られていません。現在署名運動による嘆願書が提出されています。以前はノルウェイには1,000頭ほどのオオカミがいましたが、現在
『激減したノルウェイのオオカミの運命』の画像

最後の一頭 先日米国ヨセミテ国立公園に99年ぶりにアカギツネが現れました。   LiveScience ケンタッキー州では1860年代の南北戦争以来初めてヤマネコが発見されました。 この地域では絶滅と考えられていた貴重な個体です。 が、 射殺。 FOX NEWS 最後の一頭か
『最後の一頭 ゾウとクジラの絆』の画像

↑このページのトップヘ