ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

オルカ

米国シーワールド内で生まれたオルカの赤ちゃん「キャラちゃん」が生後3ヶ月齢で感染症により死亡していたことが公表されました。シーワールドでは繁殖計画はすでに中止しているため施設で生まれた最後のオルカでした。facebookオルカは野生では100年以上長生きできる動物で
『シーワールド最後のオルカの赤ちゃん』の画像

米国北西部のワシントン州にある ピュージェット湾。 絶滅に瀕したオルカの種Southern resident killer whales が住んでいる場所です。 bellinghamherald.com ここに飢餓に苦しむ野生のオルカの家族がいます。 Facebook   この海域では、オルカたちの主な食料で
『絶滅に瀕したオルカを救う唯一の方法』の画像

オルカ。このブログでは何度も取り上げた美しい動物です。まずはひかたま:オルカとネイチャーネットワーク構想の冒頭部分の抜粋です。オルカは,、体長7m~10m以上、体重4~8トンを超える大きさで、 とても広い範囲を生活の場とする世界最大のイルカの仲間です。 1日に泳ぐ
『オルカの歯』の画像

いままでこのブログでも動物園の話をたくさん書いてきました。動物園の流れは見物客主体から動物たちが主体へと変わろうとしています。そして動物たちが様々な理由によって新しく仕入れられない状況に変わってきました。今後は、今のままでいたいという動物園は淘汰される時
『動物の価格と日本の動物園の行方』の画像

オルカの写真家マーク・マルソンさんが撮影した一枚の写真。crosscut.com/Mark MallesonこのオルカはJ34として知られている個体です。マークさんは、J34を見て、驚きました。肋骨がかつてないほど浮き出ていたのです。冬の間にたくさん餌を食べたはずのオルカがこの時期に、
『オルカの飢餓状態とダムによる自然破壊』の画像

米国最大の海洋テーマパークを運営するシーワールド・エンターテインメントが、オルカの繁殖を中止することを発表しました。さらにショーを段階的に中止していくことも発表。HuffingtonPostちょうどシーワールドでは、「ブルー・ワールド」計画という3億ドルという巨額な資
『オルカの行方:米シーワールドの繁殖中止決定』の画像

オルカのティクリム。以前「オルカとネイチャーネットワーク構想」でオルカについての過酷な現状について、そしてティリクムについて書きました。HuffinghtonPost/GerardoMora/GettyImages 結局多くの人々の解放活動にもかかわらずティリクムは、幽閉されたまま今呼吸器疾患
『ティリクムが瀕死』の画像

「西ヨーロッパの沿岸には、もうわずかなオルカしか生息していない。地中海や北海からは、既にオルカは消えてしまった・・・。スコットランドとアイルランド沖にはあと8頭しか残されていない。そして生き残っているオルカも、とても小さく、繁殖能力はもう無い。」今回大規
『絶滅へ向かう欧州のオルカ』の画像

追い込み漁で捕獲したイルカの水族館での飼育と展示をめぐり、世界動物園水族館協会(WAZA)が内部の倫理規範に違反するとして、日本動物園水族館協会(JAZA)に改善・除名通告を行っていた問題に決着がつきました。JAZAは20日に、WAZA加盟継続の賛否を問う会員投票を行い
『イルカ問題:動物園水族館協会の結論』の画像

この写真アシカの子供です。ガリガリに痩せています。NOAA今年に入ってから、カリフォルニアで驚く程たくさんのアシカの子供たちが飢餓状態に陥り、次々と海岸で倒れているのです。The NewYorkTimes例年の1月だと20-40頭ほどのアシアの子供が保護されますが、今年は、1月で25
『カリフォルニアで続くアシカの子供の飢餓』の画像

もしあなたが突然何者かに捕まり、狭い牢獄に閉じ込められ、薬漬けにされたらどんな気持ちで日々を過ごしますか? ここ日本でも似たようなことは起きています。 今日はオルカの話です。 米国ワシントン州ではオルカを捕まえて、水族館で飼育することを禁じる方向で検討を始
『オルカとネイチャーネットワーク構想』の画像

↑このページのトップヘ