ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

オーストラリア

オーストラリアの貝礁が事実上すべて消滅。オーストラリアの海洋生態系に重要な位置を占めていた貝礁がすでに90~99%が消滅し最大の危機に立たされていることが研究の結果、判明しました。blog.nature.orgこの研究は自然保護団体ネイチャー・コンサーバンシー(Nature Conse
『オーストラリアの貝礁壊滅』の画像

オーストラリアの大手スーパー「ウールワース」ここもミツバチに有害とされるネオニコチノイド系農薬の販売中止を決定しました。theguardian.comウールワースは私もオーストラリアにいる時にはいつも利用するスーパーです。woolworthsgroup.com.auとてもいい決断をしてくれま
『オートラリアの大手スーパーが蜜蜂に悪影響の農薬販売を中止』の画像

オーストラリアのカンガルー。現在でも年間300万頭前後が狩猟されて殺されていますが、それに加えて謎の病気が蔓延して百万頭単位で亡くなっているようです。thetimes.co.ukニューサウスウェールス州西部の大平原では謎の病気が拡がっているようです。関節内部を中心とした出
『カンガルーが百万匹単位で謎の病気で死亡』の画像

ヒメフクロウインコ。世界で最も発見困難な鳥と言われています。最初にこの鳥が発見されたのは1845年。それ以降もほとんど目撃情報もなく、オーストラリア内陸部にある草原と湿原に生息しているといわれている幻の鳥とされてきました。。もうすでに絶滅したものと思われてい
『世界で最も発見困難な鳥の羽』の画像

オーストラリアガマグチヨタカ。オーストラリアに生息しています。これは生後5日目のひなです。ドイツ・オルヒングの自然動物公園で生まれました。ここでは、4年前からオスを飼育していました。そして今回二羽のメスが加わり、数週間のうちに抱卵が始まりました。そして、誕
『オーストラリアガマグチヨタカ』の画像

カンガルーオーストラリアではカンガルーが増えてきたためにたくさん殺してたくさん食べようという意見が高まってきたようです。キャプテン・クックが初めてオーストラリアに上陸した時に、カンガルーを見ました。彼は、「この動物は何か」と現地のアボリジニに聞いたところ
『カンガルー再び受難』の画像

西オーストラリアのキンバリー。とても大きなクロコダイルたちが住む地区です。ここで大きなクロコダイルが大きな牛を加えながら泳いでいるシーンがドローンで撮影されました。クロコダイルが大きいので大きなはずの牛が小さく見えてしまいます。クロコダイルの体長はおよそ5
『クロコダイルダンディ:牛を捕まえたクロコダイル』の画像

オーストラリアのシドニー南部ケンジントンにすべての商品が無料のスーパー「オズハーベスト マーケット」がオープンしました。ozharvest.org賞味期限切れ前でも処分されてしまう食品をスーパーや小売商店などから譲り受けたり、誤発注して余ってしまった食品やパッケージの
『世界初のすべての商品が完全無料マーケット誕生』の画像

オーストラリアのグレートバリアリーフ。世界最大のサンゴ礁地帯です。グレート・バリア・リーフは宇宙空間からも容易に確認できるほど広大でそれは無数の微小なサンゴやポリプ等の有機体が集まって悠久の長い年月をかけて形成されてきたものです。2015年と2016年に記録的な
『グレードバリアリーフの生き物たちを殺しているもの』の画像

オーストラリアでは道端に車に轢かれたカンガルーの遺体を見ることがあります。有袋類の場合他の動物とは違うことが一つだけあります。育児袋の中に生きた赤ちゃんがいるかもしれないのです。このカンガルーもそうでした。honesttopaws.com轢かれたお母さんカンガルーの中か
『助けを求める手』の画像

このわんこ、ジャーマンシェパードのガベルちゃん。オーストラリアのクイーンズランド州にいます。仔犬の頃から警察犬の訓練を積んできましたが現場に出ることなくクビになりました。ガベルちゃんは、誰にでもフレンドリーすぎたのです。犯人を追い詰めて逮捕に貢献するとい
『警察犬をクビになったわんこ』の画像

リリカという薬を飲んでいる知人が何人かいます。腰痛や坐骨神経痛に、あまり効いていないという話も聞きました。えっ。そもそもリリカの適用範囲は腰痛や坐骨神経痛の薬ではなく、神経障害性疼痛、線維筋痛症に伴う疼痛を改善する薬です。。帯状疱疹などにもよく使われます
『坐骨神経痛にリリカは効くのか?』の画像

↑このページのトップヘ