ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

クマ

いまだに世界中には人に捕われ拷問のような日々をおくっているクマたちがたくさんいます。このクマの名前は「ゴールディ」。ゴールディは赤ちゃんの時に捕まり、熱した針で鼻に穴をあけられ、紐を通されました。Wildlife SOSこうして拘束することでクマは抵抗できなくなりど
『Be the change:救出されたクマ』の画像

クマさん。森にすむ神様の化身。漢字でクマは「熊」と書きます。これにもいくつかの意味が込められています。まず「熊」は、能と下の烈火という部首である四つの点 灬で構成されています。「能」は、能(よ)く働く様子、優れた働き手を表す形声文字です。まずクマは、知的
『クマさん対策』の画像

野生のクマのお母さんと赤ちゃんグマたちが民家のフェンスを乗り越えています。Youtubeお母さんが乗り越えると4匹の赤ちゃんたちも続々と登っていきます。Youtube体の大きい子は順調にお母さんの後についていきます。Youtube頑張って。Youtubeあぁ、一番体の小さい子が登れず
『クマの母と赤ちゃんたち』の画像

アラスカ先住民たちからスピリットベアー(精霊のクマ)とも呼ばれているクマがカナダに生息しています。シロアメリカグマです。英語名では、カーモードベア Kermode Bear と呼ばれています。カナダ西部のブリティッシュコロンビア州プリンセス・ロイヤル島からプリンスルパ
『スピリットベア:精霊グマ』の画像

今年2月イラク・モスル東部の廃墟となったムムターズ・ヌール動物園で雄のライオンのシンバと雌のクマのルーラが生き残っているところを獣医師のアミル・カリル先生が発見。二頭とも汚れ、衰弱しきっていました。カリル先生が主催する動物保護組織「フォー・ポーズ(Four Paw
『シンバとルーラ』の画像

米国在住のコーレイ・ハンコックさんが、米国オレゴン州にあるサンティアム川周辺を歩いていた時、一匹の瀕死の赤ちゃんクマを発見しました。どう見ても瀕死です。 facebook.com全身雨に濡れたまま、横たわり、低体温になっているようにも見えます。口の粘膜は青白く、目は
『違法でも赤ちゃんグマを助けた男性』の画像

ヨセミテ国立公園。自然保護を目的とした国立公園でユネスコの世界遺産にも登録されている美しい自然保護地区です。ここには野生動物たちもたくさん生息しています。もちろんクマさんも。ヨセミテ国立公園は、広大で豊かな自然にもかかわらず、カリフォルニアヒグマは絶滅し
『クマさんのGPS』の画像

米国モンタナ州で孤児になった双子のグリズリー赤ちゃん姉妹が発見されました。二頭の周りには何故かお母さんグリズリーはいませんでした・・。グリズリーは米国では絶滅危惧種に指定されています。二頭の姉妹のうち一頭はかなり弱っていました。そのため緊急措置として捕獲
『二頭のグリズリー姉妹』の画像

シアトル酋長の言葉:一部再掲です。相変わらず世界中で動物と人との紛争が絶えません。世界各地では毎日動物に襲われたとか大きな動物を発見し射殺したという報道があります。人が動物の生息地を破壊し活動域を拡げているためです。 森の神であるクマの生息地も開発されそこ
『シアトルの言葉:生き物との共存共栄』の画像

犬が可愛くて頭をよしよしするのは人だけではありませんでした。これはカナダ・マニトバ州北部の村の動画です。ここはホッキョウグマがよく現れる場所だそうです。鎖で繋がれているわんこに背後から大きなシロクマが近づいています。そして、しろくまは大きな右手を持ち上げ
『よしよしするホッキョクグマ』の画像

兵庫県でクマの射殺が20年ぶりに解禁されました。目標捕獲数は140頭だそうです。県では捕獲と公表していますが、射殺でしょう。この140頭は森に平和に暮らすクマたちです。なんら人に危害を加えたわけではありません。クマの射殺を決定したのは、県内で2人がクマに襲われて
『兵庫県でクマ猟開始』の画像

ウエディングベアーという習慣があります。結婚式の受付に置く新郎新婦のクマさんたちです。クマは英語でBearbearには、生むという意味があります。さらにbearには耐えるという意味もあります。そして熊は母性愛がとても強く子供を大切にする動物です。そのため子宝に恵まれ
『神父さまは熊』の画像

↑このページのトップヘ