ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

ゾウ

野生動物は天気を把握する能力に優れています。山にいると台風や雷雨の前になると鳥たちがさかんに天気の会話をしているのがわかります。テキサスA&M大学ではナミビアに生息するゾウたちと天候の関係を7年間に渡って調査しています。dailymail.co.ukその結果、ゾウたちは少な
『野生動物たちと気象』の画像

エズモンド・ブラッドリー・マーティン氏。米国ニューヨーク生まれ。ゾウやサイを守るために象牙やサイの角の違法取引を潜入捜査で追跡していた研究者です。bbc.comエズモンドさんは、ケニアの首都ナイロビの自宅で首を刺殺された状態で発見されました。エズモンドさんの潜入
『密猟組織と戦った研究者の死』の画像

テングハネジネズミ。天狗跳地鼠ベルギーのアントワープ動物園で貴重なテンジクネズミの赤ちゃんが生まれました。ゾウさんのような鼻をしています。体はネズミのように小さいのですがアフリカ上獣目という分類に属していて学術上はネズミよりもゾウに近い種だそうです。zoobo
『テングハネジネズミの赤ちゃん』の画像

ミャンマーのゾウの孤児院。このところの強い寒気で異常な寒さとなっています。この地域もこの40年で最も冷え込んだ異常寒気だそうです。ゾウの保護団体Save Elephants Foundationが運営するウィンガ・バウ・ゾウ保護施設では、野生動物保護クラフトグループwildlife conserv
『仔象たちへのプレゼント』の画像

日本の国内象牙市場が違法輸出の温床になり外国人による海外への違法持ち出しも横行していることが世界自然保護基金(WWF)ジャパンの調査により判明しました。2017年12月20日WWFジャパンの野生生物取引監視部門は、日本の象牙の国内市場と違法取引の実態に関する包括的調査
『ゾウの絶滅に影響する日本市場』の画像

毎年インドケーララ州の都市コーチで行われているお祭りトリチュール・プーラム。ゾウたちを華やかに着飾る風習があります。news.trust.orgケララ州にある二つのヒンズー寺院で開催される祭りです。数十頭のきらびやかな装飾を施したゾウたちが一列に並んで、その上に僧侶た
『ケララのゾウ祭り』の画像

いまだにゾウたちをお金のために殺したり遊びで殺し喜ぶ人間たちがいます。彼らは野生動物たちを殺してはソーシャルメディアに殺した遺体と共に自撮りをしては誇らしげに次々と投稿しています。いまだにこうした人たちはとてもたくさんいます。federicoveronesi.comトランプ
『米国で象牙持ち込み解禁、そして保留』の画像

世界的にサーカスでのゾウの使用が次々と禁止されていますが今回米国ニューヨーク州でも正式にエンターテインメント業界でのゾウの使用を禁止する方針を決めました。次のツイートはニューヨーク市長アンドリュー・クオモ氏の声明です。Twitterゾウのショーを100年以上行って
『NYでもゾウのサーカス禁止』の画像

ハゲワシ。大地の掃除屋さんです。亡くなった動物たちの遺体を綺麗に食べてくれます。africageographic.comナミビアで多数のハゲワシが死んでいるのが発見されました。それはゾウの肉を食べたからです。その肉に猛毒が混入されていました。密猟者はときにゾウの牙を奪うため
『ゾウと共に殺されるハゲワシたち』の画像

なんとも悲しいニュースから。 thegreentimes.co.za ちゃんと保護されていれば アフリカの保護区にいるはずの 73万頭のゾウが消えてしまったという調査結果があります。 どこにも いない。 大量殺戮の結果です。 dailymail.co.uk 保護区では人に守られているは
『保護区から大量に消えたゾウたち』の画像

野生生物写真家コンテスト2017からの作品です。英国のNatural History Museumが主催しています。nhm.ac.uk/Sergey Gorshkov大型の鳥ハクガンの卵をくわえるホッキョクギツネ。ツンドラ地帯の6月に見られる風景です。nhm.ac.uk/Qing Linクマノミとイソギンチャクです。この両
『野生生物写真家コンテスト2017』の画像

動物たちの群れ。日本語では群れ、家族、集団・・。英語で動物たちの記事を読んでいると動物によって「群れ」の英語が異なることに気が付きます。twistedsifter.comライオンの「群れ」は、Prideオオカミの「群れ」は、Packチンパンジーの「群れ」は、Troop魚の「群れ」は、Sc
『動物たちの群れ』の画像

↑このページのトップヘ