ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

保護

ボノボという動物をご存知でしょうか? 霊長目ヒト科チンパンジー属のお猿さんです。チンパンジーよりも小さいために、昔はピグミーチンパンジーと呼ばれていました。チンパンジーよりも直立二足歩行します。コンゴ共和国にしかいない霊長類です。とても高い知能を持ち、チ
『虚弱な身体と強い心、そして勇気:「ロメラ」の物語』の画像

商業捕鯨が行われていた期間中に、捕獲されたクジラの平均体長がたった70年間で最大4m減と劇的に縮小したことが判明しました。elelur.comスイス・チューリヒ大学の研究チームは、国際捕鯨委員会がまとめたクジラの体長や捕獲数などを含む年次記録を、1900年前後までさかのぼ
『クジラの身体が縮小』の画像

ホセとリサ。二頭のライオンです。ホセとリサは、サーカスで虐待を受け続けていたところを救出されてサンクチュアリへと移されました。この二頭はとても仲良しです。facebook.com/EmoyaBigCatsサーカスから救出されてきたライオンたちはたくさんいます。爪は引き抜かれ、歯は
『ホセとリサ・二頭のライオンたち』の画像

米国在住のコーレイ・ハンコックさんが、米国オレゴン州にあるサンティアム川周辺を歩いていた時、一匹の瀕死の赤ちゃんクマを発見しました。どう見ても瀕死です。 facebook.com全身雨に濡れたまま、横たわり、低体温になっているようにも見えます。口の粘膜は青白く、目は
『違法でも赤ちゃんグマを助けた男性』の画像

タスマニア。オーストラリアの南にある美しい島です。この島の北西部にターカインという太古の森が拡がる美しい場所があります。australiantraveller.comタスマニアの北西部にあります。habitatadvocate.com.au手つかずの大自然が残り、絶滅危惧種や固有種を含むとても貴重な
『タスマニアの太古の森を守る』の画像

米国モンタナ州で孤児になった双子のグリズリー赤ちゃん姉妹が発見されました。二頭の周りには何故かお母さんグリズリーはいませんでした・・。グリズリーは米国では絶滅危惧種に指定されています。二頭の姉妹のうち一頭はかなり弱っていました。そのため緊急措置として捕獲
『二頭のグリズリー姉妹』の画像

わんこのルーシーちゃん。飼い主がいないこのわんこは、ニューヨーク州にある動物保護施設ローリーポップファームに保護されました。自分の耳にかわいい自画像の模様があり、これによってあっという間に新しい飼い主が見つかりました。Facebookたしかに耳に顔の模様がありま
『耳に自分の顔があるわんこ』の画像

台湾で今月から保護施設に収容された動物たちの殺処分を禁じる法律が施行されました。アジアではインドに次いで二番目です。pixabay動物保護法改正法案が議会で可決されたのは2年前です。施設側準備のために猶予期間が設けられていました。この準備期間中にとても悲しいこと
『台湾で保護動物の殺処分禁止:日本は?』の画像

真冬の雪の日に一匹のわんこが線路上で動けなくなってしまいました。どうやら二日間はその状態でいたようです。兄のわんこは、妹わんこのために食べ物を運び、列車が来るたびに体を張って守り続けてきました。.theanimalrescuesite.com動画を撮りながら救出に向かった人に対
『絆:妹を列車から守り続けた兄わんこ』の画像

この韓国人の女性ユングさん。60代半ばです。犬たちのためにすべてを捧げる女性です。Free Korean Dogs韓国ではいまだに犬を食べる風習が残っていて、17,000もの食用犬の繁殖場が存在しています。そして毎年およそ200万頭もの犬たちが食肉として殺されています。ユングさんは
『犬を助けることに人生を捧げる女性』の画像

チンパンジー。絶滅危惧IB類セネガル、コンゴ民主共和国、ウガンダ、ルワンダ、タンザニアに生息しています。現在では森林伐採や開発によって生息地の多くが破壊され、食用や医学実験用やペット用に売買するために密猟され、内戦や疫病などによっても生息数は減少の一途をた
『チンパンジーのリハビリセンター』の画像

アビちゃん。10歳になるメスのカンガルーです。アビちゃんは、とにかくスリスリして抱きしめられるのが大好き。赤ちゃんの時に救助されてカンガルーサンクチュアリ・アリススプリングスにやってきました。あの有名なカンガルー「ロジャーくん」のいる保護区です。(ひかたま
『毎朝感謝のハグをするカンガルー』の画像

↑このページのトップヘ