ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

先住民

カムイユカラ 「アイヌ神謡集」という本があります。 文字を持たなかった北海道のアイヌ民族に伝わる伝統的な神にささげる叙事詩を文字にして残した本です。 この本を作り上げたのは、 知里幸恵さん。 Wikipedia 北海道登別市出身のアイヌ人女性。 7歳のとき旭川に移り
『アイヌ神謡カムイユカラ』の画像

アメリカ先住民には 強く優しく そして 精神性の高い人物がたくさんいます。 今日は 強く若い指導者メタカムの話です。 話は イングランドから白人が北米大陸へ上陸した時にさかのぼります。 入植者たちは、現地の厳しい自然の中で自
『現代教育と精神性:先住民族屈指の指導者メタカム』の画像

先住民族の命の水を守るための パイプライン 建設反対運動。 当ブログでも 何度か書いてきました。 ダコタ・アクセス・パイプラインは、 ノースダコタ州からイリノイ州までをつなぐ約1880kmのパイプラインを建設するプロジェクト。 先住民スタンディングロック・スー族の
『燃える抗議村:ダコタ・アクセス・パイプライン続報』の画像

カエルの泡。今日はカリブ海のトリニダード島の森に生息する、「Tungara Frog」という体長5cmくらいの小さなカエルのお話です。news.nationalgeographic.comこのカエルのメスは、産卵のときに、泡を作って、その中に卵を産み付けます。bbc.com泡に包まれている卵は泡のおかげ
『カエルの泡』の画像

以前から何度かお伝えしてきた ノースダコタのパイプライン建設に対する抗議活動。 退役軍人グループが、 先住民族と共に抗議活動に参加しました。 それによって 多くのメディアが注目することとなり パイプライン建設中止の大きな一手となったとされています。 アメリカ
『謝罪と許し』の画像

アメリカ先住民族の存続を脅かすダコタの石油パイプライン「ダコタ・アクセス・パイプライン」。先住民スタンディングロック・スー族の居留地の命綱である水源をパピプラインが通過するために長い間の抗議デモを続けてきました。スー族に賛同して、300以上のアメリカ先住民部
『先住民の水』の画像

現在もアメリカ先住民族によるパイプライン建設反対のデモは続いています。 その建設は先住民の存続も脅かす理不尽な計画です。 詳細は ひかたま:いまだに迫害されるアメリカ先住民族たち このパイプラインは、 ノースダコタ州のバッケン油田に埋蔵されている推定74億バ
『物理的な力や権力よりも強いもの』の画像

自分たちの聖地を守りたいと主張するアメリカ先住民たちに対して攻撃するよう訓練された犬を放ち、少なくとも子どもを含む六人の先住民が負傷しました。NaturalNews.com 訓練された犬に襲われるほど怖いものはありません。無敵のゴルゴ13も一番苦労した敵は、訓練された犬で
『いまだに迫害されるアメリカ先住民族たち』の画像

ヒョウ。weknowyourdreamz.comアフリカ大陸からアラビア半島、ユーラシア大陸の東の端にまで生息域はとても広く分布していました。ところが、現在ヒョウの生息域の75%はすでに失われてしまったことが判明しました。ヒョウの生息地を急速に奪ったのは、長い歴史の中でまだたっ
『先住民とヒョウの分布』の画像

世界中には飲み水が汚染されている地域がいまだにとても多くあります。 それは先進国でも。 アメリカ先住民の話をする前に 白人の町フリントの話から。 アメリカ・ミシガン州フリントという人口約10万人の町でも 水道水が汚染されていました。
『無視されつづけるアメリカ先住民の汚染水問題』の画像

米国ニュージャージー州の元警察犬ジャッジ。9歳。 大勢の警察官の敬礼を受けながら、 病院内へと入っていきます。 buzzfeed.com ジャッジと共に歩むのは、相棒であるマイケル・フランクス巡査長です。 彼は、この時、 苦渋の決断をしなければなりませんでした。
『人生の目的:最敬礼の中で天国へ向かった犬』の画像

↑このページのトップヘ