ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

実験

コートジボワールの「チンパンジー・アイランド」に捨てられた20頭のチンパンジーそチンパンジーたちは、次々と謎の死を遂げたった1匹生き残ったのは、ポンソ。現在もこの世界一孤独なチンパンジー・ポンソを救おうとする活動は続いています。thehindu.comまずは以前の当ブロ
『ポンソ続報』の画像

ポンソくん。 訪問者に大きなハグをしています。 ハグされているのは、 視察に来たチンパンジー保護センターの理事エステル・ラバランドさん。 Facebook ポンソは、約40歳のチンパンジー。 米国のニューヨーク血液センター内での 非人道的で過酷な実験に使わ
『愛を求めるチンパンジーのハグ』の画像

フォクシーちゃん。チンパンジーです。 フォクシーは、32年間実験用チンパンジーとして繁殖のために使われてきました。 1976年に生まれてからずっと 人の肝炎ワクチン開発の実験のために 一人ぼっちの狭い場所に閉じ込められてきました。 その間ずっと、フォクシーは強制
『心の光と崇高な目的:チンパンジーとトロール人形』の画像

以前当ブログで、予算削減のために、捨てられた実験用チンパンジーたちの話を書きました。「動物実験の後で捨てられた猿たち」今年6月米国政府は、米国内の研究機関や飼育施設にいるチンパンジーの保護強化策を発表しました。米魚類野生生物局は、飼育中のチンパンジーを野生
『実験後に捨てられ、かろうじて生き延びているチンパンジーたち』の画像

今月12日(一昨日)米国政府は、米国内の研究機関や飼育施設にいるチンパンジーの保護強化策を発表しました。米魚類野生生物局は、飼育中のチンパンジーを野生環境にいる個体と同様に絶滅危惧種に正式分類したのです。体を傷つけたり、痛みや苦しみを伴ったりする医学実験を
『動物実験の後で捨てられた猿たち』の画像

↑このページのトップヘ