ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

ニホンライチョウは生息数が激減しており、絶滅の怖れがある貴重な鳥です。2015年から環境省と日本動物園水族館協会が連携して人工繁殖に取り組んでいます。今月富山市ファミリーパークで国の特別天然記念物ニホンライチョウの人工繁殖事業で産まれた卵から、ヒナ2羽が孵化
『19年ぶりの人工孵化ニホンライチョウのヒナ天国へ』の画像

今週のお休みの日は甲斐駒ケ岳に行ってきました。 梅雨の合間の晴れ間。 最近ほとんど寝ていないので、 休日くらい寝ていればいいのにとも思いますが、 山から元気をもらう方が心身ともに強化されます。 普段が仕事ばかりで超運動不足なので 身体が動くことを欲し、 心は自
『甲斐駒ケ岳』の画像

イベントの帰りにちょっと寄り道してきました。この山で爽やかな朝を迎えました。誰もいないので貸し切りです。瞑想して、ゆっくりと小鳥たちの声を聞きながら岩の上でだらだら。ここは天空の砂浜があり裸足がよいです。山の新緑も綺麗でした。朝山から下りて渓谷へ。ここか
『休憩』の画像

普通の鳥と違いライチョウたちは飛翔羽とお腹、脚は年に一回の換羽ですが、体を覆う羽毛は年に三回、換羽します。 冬羽、繁殖羽、秋羽です。こちらはオスのライチョウ。オスは後ろから見てもわかります。こちらはメスのライチョウ。上手く雪解けの周囲の色と同化しています
『ライチョウさんたちの春の換羽』の画像

山でよくお茶を飲みます。山岳茶道をしているのは私くらいでしょう。茶道具はとてもかさばるのですが、絶景の場所で野点(のだて)を行います。標高2700mを超えたあたりから抹茶が美味しくなるのです。今回の野点の場所はここだったのですが、なんと一番肝心な抹茶を忘れてし
『山岳茶道1』の画像

氷点下の山から気温20℃もある山の麓へ下りてきました。4月も終わりに近づき山の麓の桜も各所満開です。こちらは枝垂桜 山は雪が綺麗です。暖かいです。寺に寄りました。 東京のソメイヨシノとは違い人が少ないのでゆっくりと鑑賞することが出来ます。桜に包まれながら五平
『再び桜へ』の画像

今週は星空を眺めてきました。いつも見ているのですが、この時期は寒さが和らぐのと、空気が澄んでいるのでゆっくりと眺められます。でも気温はマイナス7℃以下だと思います。  満天の星。写真にうまく撮ろうとしたものの撮り方がわからず。(T_T)取り急ぎスマホで星の
『満天の星とUFO』の画像

春と言ってもまだまだ雪の世界へ行くと美しいシュカブラ(雪紋)が鑑賞できます。 いろいろなシュカブラが楽しめます。冬とはまた違う感じです。そして雪崩の跡地へ行きました。硬い芯の部分だけ残るので、さまざまな雪の彫刻のアートのようです。とても硬いです。春ですね
『春のシュカブラと雪崩アート』の画像

数日お休みします。この時期は仕事が多忙となり瞑想時間を増やすと睡眠時間もあまりなくこのところお話はたくさんあるものの書いている時間が全くありません・・。私たちの本質、魂は誰でも意識と無意識を使ってこの物質世界に表現していきます。現代社会に生活していると何
『多忙のため』の画像

ニホンライチョウ。休日の日お散歩中に飛んでやってきてくれました。冬のライチョウはめったに飛ばないのです。体力を温存するためです。私が座っているところに向かってずんずん歩いてきてくれました。国指定の特別天然記念物です。ライチョウは、標高2400mを超える厳しい条
『ニホンライチョウ:神の使者』の画像

すっかり春の陽気になりました。休日にお山歩(さんぽ)にいきましたがポカポカ暖かい中で一日歩いてきました。 空気も水もとても美味しいです。今年は、前半は昨年同様に雪が少なかったのですが、後半になって雪が多くなりました。昨年は高山植物が2週間ほど早く開花しまし
『春』の画像

海の見える神社に行ってきました。この岩山の先端にあります。途中からの眺めのとても良いです。上るのがたいへんなので誰も来ませんでした。参拝後ゆっくりと座り、360℃の眺めを楽しめると思います。足元はこんな感じ。眼下に綺麗な海が見えます。崖はほぼ垂直に見えます。
『海の見える神社』の画像

↑このページのトップヘ