ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

日本

パラダイス文書Paradise Papersは、パナマ文書に続いて公表された、税金回避(タックス・ヘイブン)取引に関する約1340万件の電子文書群です。データ量は1.4テラバイトと文書にしてはとても大きなものです。indianexpress.com英語のタックス・ヘイブン Tax havenは、Taxは、
『パラダイス文書と足立区』の画像

今年ブラジルでは異常な数のクジラが打ち上げられています。103頭。主にザトウクジラです。103頭中ザトウクジラの通り道であるバイーア州だけでも41頭。thebigwobble.orgこれは今までにはなかったこと。そして原因は、確定されていません。現地のクジラ保護団体Whale Institu
『世界各地でザトウクジラの異常事態』の画像

世界各国の食品安全指数という指標を英国のエコノミスト・インテリジェンス・ユニットが毎年報告書を作り発表しています。foodsecurityindex.eiu.com2017年の食品安全指数の報告書では113ケ国を対象に調査され、日本は18位でした。世界地図でみると、緑色の濃い方が食品が安全
『食品安全ランキング』の画像

ヴォルコソブ。wolfriend.comヴォルコソブは、ロシア国境警備のために特別に交配されたオオカミと犬の交雑種です。体格や身体能力はオオカミのように大きく強く、それでいて犬の性質である従順さがあります。各国のケンネルクラブには登録されていません。繁殖されていますが
『ヴォルコソブ』の画像

お米の収穫の時期になりました。稲は日本のさまざまな伝統・文化・風習の源です。稲を育てるには新鮮な水が必要です。そのため水源である山は大切に守られ、川も大切に敬われ、雨も日本では「恵みの雨」として大切にされました。水はすべてを潤すと共にすべてを浄化してくれ
『玄米:神からの恵み』の画像

日本の江戸の文化「浮世絵」海外から22万枚もの浮世絵がオンライン公開されました。木版画ですので、一枚の浮世絵でもいろいろなバージョンが閲覧できます。ja.ukiyo-e.org/浮世絵は、絵を描く「絵師」、描かれた絵を版木に彫る「彫師」、その木版画を紙に刷っていく「摺師」
『22万枚以上の浮世絵が無料公開』の画像

日本の国旗は日の丸。日章旗(にっしょうき)です。旗の形は縦横の3:2の長方形。日の丸の直径は縦の5分の3。日の丸の中心は旗の中心にあります。wikipedia他に日の丸と似た国旗として採用しているのはパラオこれは青い海を背景に黄金色の月。Wkipediaとバングラディッシュ緑
『日本語が公用語の国』の画像

お箸。 私たちの食事に欠かせない大切な道具です。 pixabay お箸は 日本独特のものではなく、 世界の約3割の人がお箸を使い、4割が手、残り3割の人がナイフ・フォーク・スプーンを使って 食事をしているとの統計があります。 次の写真は、 病気やケガ、そのほかに理
『お箸:「箸よく盤水を回す」』の画像

台湾政府がニホンウナギを最新の絶滅危惧種リストで「最も絶滅の危険度が高い種」に指定することが決まりました。すでに日本や国際自然保護連合 (IUCN) ではニホンウナギは「絶滅する危険性が高い絶滅危惧種」に指定されています。でも台湾の指定では、より絶滅する危険度
『ニホンウナギ台湾が最も絶滅の危険度が高い種に指定』の画像

コウノトリ。 orientalbirdimages.org かつての日本には留鳥としてコウノトリがたくさん生息していました。 明治時代以後の乱獲や木の伐採などによる生息環境の悪化などによって激減。 1956年にはたった20羽にまで激減し、 慌てた日本政府はこの年に コウノトリを国の特
『保護されたコウノトリの放鳥』の画像

ニホンライチョウは生息数が激減しており、絶滅の怖れがある貴重な鳥です。2015年から環境省と日本動物園水族館協会が連携して人工繁殖に取り組んでいます。今月富山市ファミリーパークで国の特別天然記念物ニホンライチョウの人工繁殖事業で産まれた卵から、ヒナ2羽が孵化
『19年ぶりの人工孵化ニホンライチョウのヒナ天国へ』の画像

日本でも果物の形を変形させることは行われてきましたが中国でもそれを真似してさまざまな形の果物を生産し始めたようです。こちらはブッダ梨dailymail.co.ukこのような透明なケースの中で結実させます。dailymail.co.ukdailymail.co.ukちょうど食べごろでしょうか。dailymai
『ブッダ姿の梨』の画像

↑このページのトップヘ