ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

昆虫

マタベレアリ。新しい治験が出たので再掲です。マタベレアリは、アフリカのサハラ砂漠南部からアフリカ南部にかけて広く生息しているアリです。この写真はシロアリとの戦いの後、戦利品のシロアリをくわえています。news.mb.com.ph写真を見てわかるようにこのアリの働きアリ
『傷ついた仲間の手当をするアリ:続報』の画像

他の国へ行くとその土地特有の生き物たちに出会います。オーストラリアではカンガルーやコアラとかボルネオではオランウータンケニアではゾウやキリンコンゴではゴリラなど。でも世界中どこに行っても日本と同じように見られる生き物もいます。それはウスバキトンボ薄羽黄蜻
『弱さと強さ:トンボの飛行能力』の画像

フィンランドのパン製造会社ファッツエル・ベーカリー、世界で初めてコオロギを材料に練りこんだパンの販売を始めることになりました。フィンランドでは今月から食用昆虫の販売を解禁したばかりです。newstalk.comオランダで飼育されたコオロギの乾燥粉末を小麦粉に混ぜたも
『世界初のコオロギパン』の画像

モウセンゴケ。北半球の高山や寒冷地の沼地、池や川のそばの湿地帯に生育する食虫植物です。kuriositas.com葉はほぼ円形で、葉の表面には、触手のような形をした赤く長い腺毛を持っています。この腺毛の先端には分泌腺があって、キラキラ光る粘着性の物質を小さな水滴状にし
『未来の世代のために自らを捧げるモウセンゴケ』の画像

ドイツの自然保護区に生息する飛行昆虫がこの27年間のうちに急激に減少していることが確認されました。農薬が、その主な原因となっている可能性があるようです。theguardian.com欧米各国でチョウやハチなどの飛行昆虫が激減していることはすでに多くの文献で報告されています
『ドイツの自然保護区の昆虫激減と日本の赤とんぼ』の画像

米国南部では大型ハリケーン「ハービー」によって記録的な大雨と洪水になりました。米国気象当局はテキサス州シダー・バイユーで降水量1,320ミリを記録。米国本土での最高記録を一日のうちに二度も更新しました。theatlantic.com人々も避難する中で動物たちも同行避難するシ
『洪水:ヒアリのサバイバル術』の画像

今日は変態のお話です。変態と聞いて人の性的異常嗜好を思い浮かべる人と昆虫を思い浮かべる人がいると思います。人の方を真っ先に思い浮かべた人は自然界からちょっと意識が離れているかもしれません。昆虫は、変態というプロセスをへてとても美しく変容していきます。夏休
『美しい変態たち』の画像

マタベレアリ。アフリカのサハラ砂漠南部からアフリカ南部にかけて広く生息しているアリです。この写真はシロアリとの戦いの後、戦利品のシロアリをくわえています。news.mb.com.ph写真を見てわかるようにこのアリの働きアリには大きな個体majorと小さな個体minorがいます。
『傷ついた仲間を助けるアリ:未来へと繋ぐ行為』の画像

アシェットという書籍の会社があります。一般の書籍では世界第三位というフランスの出版社アシェット・リーブルの日本子会社です。毎号テーマに沿った付録がついている分冊百科で人気です。この会社のアシェット・コレクションには幻のコレクションシリーズが存在しています
『幻のアシェットコレクション:世界の昆虫』の画像

ペルーでお尻にアリの顔を持つハチが発見されました。このハチです。お尻の先端がアリの顔になっています。dailymail.co.ukお尻の拡大画像dailymail.co.ukこのアリの顔はクモの巣を襲う種類のアリの顔そっくりな作りになっています。このアリを見るとクモたちは怖がってしま
『アリの顔を持つハチとアリの羽をもつハエ』の画像

英国で行われている大規模蝶生息調査で今年は蝶の生息数が激減していることが確認されました。.theguardian.com蝶は観測始めて以来の最低数にまで減少していました。専門家は、この結果に「とてもショックであり、謎。」と感想を述べています。2012年の最低生息数記録だった
『英国で蝶が記録的に減少』の画像

米国南部のフロリダ州では、蚊の媒介によりジカウイルスに感染した人の数が14人になったことが発表されました。これによってマイアミ市中心部の北にあるワインウッド地区から多くの人が避難する事態となりました。地元ではワインウッドがゴーストタウン化と報道しています。m
『ジカウイルスより怖い農薬』の画像

↑このページのトップヘ