ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

インドネシアの犬肉市場反対を。forcechange.comインドネシアのジョコ・ウィドド大統領あての嘆願書です。インドネシアではいまだに毎年少なくとも数百万匹と言われる犬肉市場が存在しています。家畜と違い正確な数は把握されていませんが相当な数になっていることだけは確か
『インドネシアの犬肉市場廃止への嘆願書』の画像

米国で再び犬インフルエンザの流行が始まっています。この一ヶ月ほどで100頭を超える犬が犬インフルエンザと診断されました。dailymail.co.ukコーネル獣医科大学での検査では、カリフォルニア州の犬 72頭ケンタッキー州の犬 22頭オハイオ州の犬 14頭ミシガン州の犬 1頭
『今年も犬インフルエンザ』の画像

パリスとポピー続編です。インスタグラムではほぼ毎日更新していますがもう少ししたら里親さんに譲渡されます。生後三ヶ月までしっかりと愛情たっぷりかけてお母さんと姉妹で育ててからお渡しです。あまりにかわいくて手放せるのかどうか・・そちらの方がかなり心配・・。で
『パリスとポピー2』の画像

パリスとポピーMIX種のわんこたちです。現在40日齢を過ぎたところ。毎日成長記録をインスタグラムにアップしています。instagram.com日に日に大きく可愛く成長しています。こちらがパリス ♀instagram.comこちらがポピー ♀instagram.comこちらは胴体がポピーで顔がパリス
『パリスとポピー』の画像

バルト。人々の命を救った米国の伝説的なイヌぞりチームのリーダー犬の名前です。en.wikipedia.org1924年の末、アラスカ北端のノーム市にジフテリアが発生しました。翌年1925年には、死者も発生。当時ジフテリアは、死に至る怖ろしい病気で、血清が必要でした。当時のノーム
『町の人々の命を救った犬たち』の画像

今年はいぬ年です。freedesignfile.com昔東京にとてもとても大きな犬小屋があったことを多くの人は知りません。そうです。徳川綱吉将軍の時代です。まず現在の世田谷区に大きな犬小屋が作られました。そこには、1年間だけの記録でも1万3878匹の犬たちが預けられました。そこ
『東京の広大な犬小屋』の画像

以前遺伝子編集について書きました。ひかたま:遺伝子編集現在遺伝子組み換えだけではなく遺伝子編集技術がどんどん進んでいます。kinetixhr.com遺伝子編集は、遺伝子DNAの配列の並び替えなどの操作を行って「編集」してしまう技術です。現在植物だけではなく動物や人の遺伝
『遺伝子編集の暴走』の画像

ベルカとストレルカこの二匹の犬たちは野良犬として保護されてから宇宙犬として抜擢されました。そして1960年に宇宙へと旅立ち2日に渡り宇宙に滞在した後で無事に生還した世界で初めての犬たちです。rebrn.com宇宙開発初期には宇宙空間への有人飛行の前実験として犬たちを使
『ベルカとストレルカ 宇宙犬』の画像

ボーダーコリー。以前このブログでもボーダーコリーの遺伝子疾患を取り上げました。(ひかたま:ボーダーコリーのTNS(捕捉好中球症候群))今回はボーダーコリー虚脱症候群Border Collie Collapse:BCCです。BCCは、運動中に突然休憩したり、ふらついたり、虚脱状態になるのが
『BCC:ボーダーコリーの虚脱症候群』の画像

いまだにオオカミは怖いとかクマは怖いとかサメは怖いとか人は自分よりも強い生き物を理由なく怖れてしまいます。サメは獰猛と勘違いされていますが、サメが人を咬む件数とは比べ物にならないくらい人がサメを殺しています。オオカミは山にいると怖いという人間の勝手な妄想
『オオカミに対する誤解』の画像

ボーダーコリー。昔バイキングたちが北欧スカンジナビアからスコットランドに持ち込だ犬と、スコットランドの牧羊犬をかけ合わせることによって、現在のボーダー・コリーが作り出されたとされています。ボーダー・コリーは頭がよく、訓練性能がとても優れているために牧羊犬
『ボーダーコリーのTNS(捕捉好中球症候群)』の画像

スマイリー。 ひかたま:生まれつき盲目のセラピー犬「スマイリー」 先天性無眼球症で生まれたゴールデンリトリバーの「スマイリー」くん。 天国へと旅立ちました。 がんでした。 「これはスマイリーです。彼は、すべての人を笑顔に
『スマイリー天国へ』の画像

↑このページのトップヘ