相変わらずたいへんな状況のはずの福島第一原発。ここを運営管理統括している東京電力(TEPCO)は、東京オリンピックの2020年までに同原発施設への視察者の数を倍増することを目指しているそうです。東京電力では現在、地元住民、大使館員、学校の生徒らの集団見学の申し込み