ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

米国

アーミッシュ。米国ペンシルベニア州や中西部やカナダのオンタリオ州などに居住し、キリスト教を中心として共同体に忠実で深く互助的な関係で結ばれている集団です。telegraph.co.uk米国に移民した当時の昔ながらの生活様式を維持しており、原則として新しい現代文明の機器を
『アーミッシュの遺伝子変異』の画像

キング・ポウハタン Powhatan(1547-1618年) 本名は、ワフンスナコック。 現在のバージニア州に定住していたポウハタン族の酋長です。 彼は この地に属する30以上の部族を平和にまとめた功労者として 尊敬されていました。 global.britannica.com キング・ポウハタン
『光へと向かう性質	 キング・ポウハタン』の画像

クアナ・パーカー。 wikipedia クァハディ・コマンチェ族最後の酋長です。 クアナ・パーカーは、 コマンチェ族インディアン酋長ペタ・ノコナと ヨーロッパ系アメリカ人女性シンシア・アン・パーカーとの間にもうけられた息子です。 クアナ・パーカーの母、シンシア・ア
『最後の酋長クアナ・パーカー』の画像

人は傷心によって死ぬことがあります。ネ・ペルセ族(ネズパース族)は、現在の米国アイダホ州に住んでいた平和な先住民族でした。amertribes.proboards.comこの部族は動物たちにも植物たちにも優しいことで有名ですが、誰に対しても友好的で優しく、入植してきた白人にもと
『「傷心による死」』の画像

再掲です。クアナ・パーカー。 wikipedia クァハディ・コマンチェ族最後の酋長です。 クアナ・パーカーは、 コマンチェ族インディアン酋長ペタ・ノコナと ヨーロッパ系アメリカ人女性シンシア・アン・パーカーとの間にもうけられた息子です。 クアナ・パーカーの母、シ
『気高い生き方: 任運騰騰:コマンチェ族最後の酋長クアナ』の画像

再掲です。今の世界理解しあえば解決できる問題は多いと思います。でもそれは本当に分かり合えるレベルの場合ですが。表向きだけ友好関係を見せていても裏では信頼もせずに相手のことを馬鹿だと思っていたら理解し合うことは困難でしょう。アメリカ先住民族の中で最高の英雄
『テカムセ:アメリカ先住民族の最高の英雄リストから』の画像

アメリカ先住民たちを無差別に殺していった白人入植者たちですが、本当はどのような気持ちだったのでしょうか。1492年以前には北米に500~1600万人いたと推測されている先住民族は19世紀までに25万人にまで激減しています。人口が激減した原因には直接・間接的な原因を含めて
『光を分かち合う時代へ:白人vsアメリカ先住民 』の画像

アメリカ先住民には 強く優しく そして 精神性の高い人物がたくさんいます。 今日は 強く若い指導者メタカムの話です。 話は イングランドから白人が北米大陸へ上陸した時にさかのぼります。 白人の入植者たちは、慣れない現地の厳し
『現代教育と精神性:先住民族屈指の指導者メタカム』の画像

再掲です。今の世界理解しあえば解決できる問題は多いと思います。アメリカ先住民族の中で最高の英雄リストの中に名前が出てくるのが ショーニー族のテカムセです。  テカムセは、統率力あるカリスマ指導者として、勇敢な戦士として雄弁な語り手としてさらには逞しい身体を
『理解し合う大切さ:アメリカ先住民の英雄テカムセ』の画像

再掲です。アーミッシュ。米国ペンシルベニア州や中西部やカナダのオンタリオ州などに居住し、キリスト教を中心として共同体に忠実で深く互助的な関係で結ばれている集団です。telegraph.co.uk米国に移民した当時の昔ながらの生活様式を維持しており、原則として新しい現代文
『アーミッシュの人たちに起きている遺伝子変異』の画像

2002年にボストン・グローブ社がいままでタブーとされてきた聖職者たちの性的虐待の実態を報道してからもいまだに世界各地で神父による性的虐待が表面化し続けています。先月では、米国ペンシルベニア州の最高裁判所が同州のカトリック教会内での聖職者たちによる子供たちへ
『聖職者の性的虐待が止まらない理由』の画像

キング・ポウハタン Powhatan(1547-1618年) 本名は、ワフンスナコック。 現在のバージニア州に定住していたポウハタン族の酋長です。 彼は この地に属する30以上の部族を平和にまとめた功労者として 尊敬されていました。 global.britannica.com キング・ポウハタン
『キング・ポウハタン』の画像

↑このページのトップヘ