ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

絶滅

再掲です。ジャガー。ナショナルジオグラフィクには次のような説明があります。「 ジャガーは南アメリカに生息する大型ネコ科動物の中で最大の動物だ。その昔、ジャガーは南アメリカ大陸の南端からアメリカとメキシコとの国境周辺一体に生息していたが、現在は中南米の人里離
『米国最後のジャガー』の画像

米国北西部のワシントン州にある ピュージェット湾。 絶滅に瀕したオルカの種Southern resident killer whales が住んでいる場所です。 bellinghamherald.com ここに飢餓に苦しむ野生のオルカの家族がいます。 Facebook   この海域では、オルカたちの主な食料で
『絶滅に瀕したオルカを救う唯一の方法』の画像

オナガサイチョウ。東南アジアの熱帯林に生息している大きく美しい鳥です。長い尾を含む最大体長は、170cm最大翼開長は、130cmにも成長します。 この鳥は嘴が大きく、特に上嘴の基部に「カスク」と呼ばれる大きな膨らみがあります。これは、オス同士が空中で争う時に互いの
『赤い象牙:サイチョウ殲滅』の画像

ワシントン条約締約国会議も終わり、日本を除く世界各国がゾウの保護のために動き始めました。今回の会議では 象牙の国内取引禁止を各国に要求する決議が全体会合で正式に承認されました。これによって今後 日本以外の国では 象牙取引の規制が厳しくなることは明らかです
『シベリアでマンモスを盗掘するタスカーたち』の画像

英国で行われている大規模蝶生息調査で今年は蝶の生息数が激減していることが確認されました。.theguardian.com蝶は観測始めて以来の最低数にまで減少していました。専門家は、この結果に「とてもショックであり、謎。」と感想を述べています。2012年の最低生息数記録だった
『英国で蝶が記録的に減少』の画像

「タフィー」とてもタフで逞しいという意味を込めて名付けられたカエルの名前です。タフィーは絶滅期のシンボルとも呼ばれていましたが、先日天国へ旅立ちました。推定12歳。これでまた一つの種が絶滅したことになります。Facebookタフィーは、地上にたった一匹だけ生き残っ
『絶滅のシンボル「タフィー」逝く』の画像

ハワイのカウアイ島。美しい大自然と森の中で野生の鳥たちのさえずりが聞こえてきます。latimes.comこの写真の鳥はハワイ原産のミツドリです。ミツドリたちは、総称で「ハニークリーパー(honeycreeper)」で呼ばれています。この鳥の羽はハワイの先住民族は、力と名誉の象徴
『消えゆくハワイの鳥』の画像

マルミミゾウ。別名は、シンリンゾウ。英語ではアフリカン・フォーレスト・エレファント(アフリカの森のゾウ)です。Wikipediaアフリカ大陸西部から中部の森に生息しています。Wikipediaマルミミゾウの体はサバンナに住むゾウよりも一回り小柄です。ubc.caマルミミゾウは、
『「蘇り」激減するマルミミゾウ』の画像

国際自然保護連合(IUCN)は、「レッドリスト(絶滅危惧種リスト)」を更新。今回の更新によって、地球上に現存する大型類人猿6種の4種、ヒガシゴリラ、ニシゴリラ、ボルネオオランウータン、スマトラオランウータンが「野生での絶滅まであと一歩」とされる「絶滅危惧IA類」
『ゴリラの絶滅秒読み段階に』の画像

クロアシイタチ。.huffingtonpost.comかつてはカナダからメキシコまでの北米大陸に広く生息していた動物ですが、1970年代までには絶滅したと思われていました。主食は、プレイリードッグです。巣穴へ果敢に飛び込み、プレイリードッグを食べてその巣を自分の住処にします。と
『「一蓮托生」絶滅しかけたクロアシイタチをドローンで支援』の画像

世界の霊長類の半分以上が絶滅の危機と専門家らが発表しました。毎年状況は悪化の一途をたどっています。絶滅に瀕した大きな原因は、熱帯雨林の大規模な破壊、違法な狩猟などがあります。特にマダガスカルとベトナムの状況は深刻です。チンパンジーだけを見ても、少し前には2
『世界の霊長類の半数以上が絶滅の危機』の画像

ブランブル・ケイ・メロミス(Bramble Cay melomys)washingtonpost.comこの動物を知っている人は少ないと思います。ブランブル・ケイ・メロミスはオーストラリア最北端の島であるブランブル・ケイにだけ生息するげっ歯類です。1800年代に最初に発見されました。1978年の生息
『ブランブルケイメロミス絶滅』の画像

↑このページのトップヘ