ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

虐待

再掲です。いまだに子供の虐待が絶えません。弱者への虐待はいかなる理由であれ行ってはいけないこと。子供にタバコを加えさせた親も逮捕されました。暴力事件も多く報道されています。でも、次のような複雑な虐待ともいえる事例は皆さんはどう解釈するでしょうか。NaturalNe
『ヒポクラテスの誓い「...First Do Not Harm」患者を傷つけてはならない』の画像

いまだに世界中には人に捕われ拷問のような日々をおくっているクマたちがたくさんいます。このクマの名前は「ゴールディ」。ゴールディは赤ちゃんの時に捕まり、熱した針で鼻に穴をあけられ、紐を通されました。Wildlife SOSこうして拘束することでクマは抵抗できなくなりど
『Be the change:救出されたクマ』の画像

オランウータンのアミーちゃん。推定7歳。 facebook.com赤ちゃんの時に人間に捕獲され、小さな暗い木箱の中で鎖につながれたまま少なくとも7年間生きてきました。救出チームが駆けつけた時には人生をあきらめてしまったかのような感じでした。facebook.com狭い木箱の中では
『アミー:「天地一指万物一馬」』の画像

世界にはいまだ児童婚という人権侵害制度があります。 hrw.org 幼いうちに結婚させられた少女たちの多くは充分な教育を受けられる可能性はほぼなくなり、さらに家庭内暴力の被害者になりやすいことがわかっています。 また児童婚では、 若齢での出産が増え、 妊娠出
『児童婚廃絶を目指して』の画像

英国北西端のカンブリア地域にサウスレイクス・サファリ動物園があります。 このたった4年間に486頭もの動物たちが亡くなっています。多くの動物が虐待扱いされていることが判明しています。例えば動物たちが園内のミニ電車に轢かれて亡くなったり餌が少なく、劣悪な環境の
『英国の虐待動物園閉鎖の嘆願』の画像

フクロウ。とても美しい動物です。theatlantic.comtheatlantic.com今の時期は森に入ってフクロウを観察することもできます。theatlantic.com以前、ハリーポッターという映画の影響で、ハリーに手紙を運ぶ役Hedwigを演じた白フクロウがペットにするために乱獲されてしまった件
『あるフクロウカフェの実態』の画像

犬の視点から見た物語の映画化「A Dog's Purpose」が今月27日から米国で公開されます。Youtube原作はベストセラー小説「野良犬トビーの愛すべき転生」。Amazonco.jp一匹の犬が数回の転生を繰り返す中で、過去生での飼い主と再会し生きる目的を探究していくお話です。 とても
『犬と人の絆を描く感動の映画での虐待問題』の画像

高級コーヒーコピ・ルワクの真実anonhq.comコピ・ルワク(Kopi Luwak)という高級コーヒー豆があります。「コピ」は、インドネシア語でコーヒー、「ルアク」は、現地語でマレージャコウネコの名前です。インドネシアに生息するジャコウネコの糞の中から採取される未消化のコ
『高級コーヒー・「コピ・ルワク」の真実』の画像

再掲です。様々な苦しい経験の末、檻のない施設で自由に生きることを許された象シャーリー。22年前にサーカスで共に過ごした象ジェニーと再会するお話です。写真はシャーリーTheElephantSanctuaryこちらは、ジェニーTheElephantSanctuaryシャーリーは、スマトラの大自然の中
『22年ぶりの再会』の画像

ナマケモノ。動きがとても遅くて、基礎代謝量が非常に低く、一日にたった8gの植物で生きていけます。こちらはナマケモノ保護施設「スロース・インスチチュート・コスタリカ」からの写真です。ナマケモノの赤ちゃんはとにかく可愛い。.mymodernmet.com.mymodernmet.com.mymode
『ナマケモノ保護施設の天国と地獄』の画像

エルビス。イjンドのクマです。クマさんが心をこめてハグしています。この男性はこのクマを救出し世話をしている人。wildlifesos.org2015年の初めころ。エルビスが救出された時には生後8週齢の仔熊でした。 おそらくこの仔熊を奪うために母熊は射殺されたのでしょう。エル
『助けたクマからの抱擁』の画像

現在子供の虐待が問題化されています。弱者への虐待はいかなる理由であれ行ってはいけないこと。子供にタバコを加えさせた親も逮捕されました。暴力事件も多く報道されています。でも、次のような複雑な虐待ともいえる事例は皆さんはどう解釈するでしょうか。NaturalNews.com
『「...First Do Not Harm」患者を傷つけてはならない』の画像

↑このページのトップヘ