ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

このペリカン。漁網が口に絡まっています。 Facebook オーストラリアのベリスベンで、4羽のペリカンが海から突き出た金属製の棒の上にいます。一見何事も無いように見えます。Facebookでも、近づいてよーく見てみるとそのうちの一羽のメスが助けが必要な状態でした。そこに
『救出されたポジティブなペリカン』の画像

この小さな鳥。アルパインスイフト Tachymarptis melbaなんと200日以上一度も休まずにそらを飛べるのです。.smithsonianmag.comアマツバメの一種です。アフリカとスイスアルプスを渡ってくる小さなツバメです。この鳥がどのくらい飛んでいるのかを調べた研究があります。な
『「夫物芸芸 各復帰其根」鳥たちの脅威の力』の画像

米国シンシナティ。シンシナティ警察のジェームス・ギブンズ巡査は、いつもの通り巡回パトロールをしていました。川の近くの駐車場にパトカーを停めると一羽のガチョウがやってきました。野生のガチョウは普通は人や車には近づきません。Wikipediaガチョウはギブンズ巡査に何
『警察官に救助を求めたガチョウ』の画像

野生動物の保護。米国イエローストーン国立公園で、バイソンの赤ちゃんが、「寒そう」に見えたという理由で観光客親子が車に乗せて「保護」してしまいました。その場に居合わせた別の人たちが止めるように忠告したそうですが、それを無視して公園の警備隊事務所までバイソン
『バイソンの赤ちゃんを保護して安楽死処分』の画像

イワヒバリ。岩雲雀標高2500m以上の場所で活動している可愛い鳥です。今年も春になり山も暖かくなってきました。今日の朝の気温は、マイナス5℃。日射しが強いのでかなり暖かいです。イワヒバリたちが元気に囀っています。とても可愛い声でさえずります。とても見晴らしのい
『イワヒバリ』の画像

以前当ブログで美しいインドクジャクの飛翔画像集を載せました。 「ひかたま:神聖な鳥インドクジャクの「駆除」」今日は、その美しいクジャクの羽です。まずは、私が撮影した写真から。クジャクの全身を撮って羽の部分だけを拡大したので、美しさがわかりません。今回カナ
『美しいクジャクの羽。』の画像

「雪の空会話がはずむシジュウカラ」と一句読めるのは、一般的にはいままで人だけだと思われてきました。Wikipediaシジュウカラは日本全国に生息する一般的な小鳥です。そのシジュウカラの研究で、シジュウカラが単語と単語を順序立ててつなげて文を作る能力があることが発見
『会話する動物たち』の画像

この写真、孵化したてのカカポの雛です。ニュージーランド・アンカー島のカカポです。NEW ZEALAND DEPARTMENT OF CONSERVATION絶滅の淵から蘇った鳥カカポ。カカポは、ニュージーランド現地のマオリ語で「夜のオウム」という意味に由来し、日本語では「フクロウオウム」と呼
『絶滅の淵から蘇ったカカポの赤ちゃん』の画像

この一枚の羽。世界一高価な鳥の羽です。.telegraph.co.ukたった一枚の羽としては、世界最高額の8,000ニュージーランドドル。(約65万円)オークランドのウェッブス・オークションハウスでマオリ族の伝統品のコレクターによって競り落とされました。これまでの記録では、米国
『世界一高価な一枚の羽』の画像

フラミンゴ。淡いピンク色から紅色の美しい鳥です。今回は、真横から至近距離で撮影してみました。フラミンゴ(Flamingo)という名前は、その美しく燃えるような羽色から、ラテン語のflamma:炎に由来します。フラミンゴの羽毛が、ピンク色や鮮やかな紅色なのは、生息地で食
『フラミンゴのお化粧』の画像

インドクジャク。 オスでは最大全長230cmにもなる、とても美しい鳥です。食性は雑食で、昆虫や小さな動物、植物の葉、果実、種子などを食べています。生息地は、インドとその周辺諸国。Wikipedia現地では、「神聖な鳥」として扱われ、大切に保護されています。ところが、日
『神聖な鳥インドクジャクの「駆除」』の画像

特定外来生物で初めての根絶。現在日本にはたくさんの特定外来種が生息しています。今回特定外来生物に指定されたばかりの鳥「カナダガン」が根絶されました。Wikipediaカナダガンは、その名前の通りカナダからアメリカ合衆国北部に生息する大型の美しい鳥です。1985年に初め
『外来種の命:日本でカナダガン根絶』の画像

↑このページのトップヘ